ケネン(Kennen)

ケネン:雷雲の担い手(Kennen: the Heart of the Tempest)のチャンピオン紹介です。マナではなく「気」をスキルリソースとするメイジ/マークスマン。方向指定のQ、PassiveとWのスタック管理など扱いに習熟が必要なものの、集団戦では強力無比なアルティメットスキルで場を制圧できます。

目次

レーン戦での立ち回り

TOPレンジドチャンピオンにも関わらず連続して発動可能なAoECCにより集団戦でも活躍可能な優れた卑怯者。そのためレンジドでありながら無理にレーンで圧勝を目指す必要がありません。

遠距離から一方的に攻撃できるためハラスが強く、しっかりとパッシブやWのスタックを管理して戦うことで敵をスタンさせて距離を取ることも容易です。さらにEの優秀な逃げ性能によりガンク耐性をも持っています。

一方的なハラスでヘルス差を作りやすいためレーンではしっかり有利を築きたいところですが、前述の通り集団戦も強いため無理をする必要はありません。有利を作った後はEの機動力と強力なRを活かして他レーンにロームすると良いでしょう。

集団戦での立ち回り

強力なRを活かして積極的に仕掛けていきたいためテレポートで戦闘開始後に参戦するよりも、予めサイドレーンをプッシュしておいてグループしておくか、戦闘開始前にテレポートで飛んで自分から仕掛けることを意識しましょう。特にフラッシュインからの仕掛けは凶悪です。

集団戦が強いとはいえTOPでレンジドを出す以上タンクが不足しがちになり、構成を味方に頼ることになる点は他のレンジド同様です。

自チームの前衛ラインが薄くなりがちなのでケネンが敵集団をスタンさせている間に敵のバックラインを落としきる機動力とバーストダメージに優れた構成か、味方ジャングラーとサポートにタンキーチャンピオンを出してもらうことでバランスを取れるよう頭を下げてお願いしましょう。

コンボ

  • AA→Q→AA
  • AA→W→Q
  • E→R→W→Q→AA

パッシブとWのスタックを意識してスキルを繰り出しましょう。

サモナースペル

集団戦には必ず参加したいためテレポートを持ちましょう。ケネンの影響力は絶大です。

ルーン

レーン戦でのハラスをより強力にする『エアリー召喚』がメジャーです。サブルーンはRを出し切るために役立ちコアアイテムの素材にもなるストップウォッチが得られる『パーフェクトタイミング』とクールダウンを取るため天啓ルーンがよく使われています。

ビルド

スタートアイテム

序盤のAAハラスを強化しライフスティールによるサステインも得られるドランブレードでスタートします。

コアアイテム

イニシエートに役立つヘクステック・プロトベルト01と集団戦でRを吐ききるためのゾーニャの砂時計がコアビルドです。

選択肢

火力を上げるため魔力を高めるアイテムを積んでいきます。ゾーニャがあるとはいえダメージを出すためには接近する必要があるため、ある程度HPも確保しておくと立ち回りやすくなります。

最終ビルド

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

得意なチャンピオン

リヴェン、フィオラなどスタン中のバーストダメージで倒し切ることができ、交戦するかどうかをケネン側が選択できるチャンピオンに対し有利です。

苦手なチャンピオン

タム・ケンチ、ドクター・ムンド、サイオンなどバーストダメージで倒し切ることが難しく、レンジドにもある程度対応可能なタンクチャンピオンを苦手とします。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加