LOLの基礎知識~サモナーズリフトについて~

LOLの基礎知識~サモナーズリフトについて~

League of Legends、通称LOLとはどのようなゲームなのか、これからLOLを始めようと思っている方、LOLを始めたばかりの方向けに基本的なことを解説します。

League of Legendsってどんなゲーム?

League of Legendsはサモナー(プレイヤー)が5人ずつのチームに別れ、各自1体のゲームキャラ(チャンピオン)を操作して戦う、世界最大規模の参加プレイヤー数を誇る多人数対戦型ゲームです。

自分が操作するチャンピオンを使いこなすアクション性、チャンピオンの成長や装備の拡充といったRPG要素、そして5人のプレイヤーが連携を取って戦う戦術性を兼ね備えており、先に敵の本拠地(ネクサス)を破壊したチームの勝利となります。

メインとなるマップ サモナーズリフトについて

LOLの公式大会やランク戦で使われているマップは上記画像のもので、サモナーズリフトと呼ばれています。

サモナーズリフトには味方陣地と敵陣地をつなぐ3本の通路(レーン)とレーンの間の森(ジャングル)があり、レーンは互いに固定砲台(タワー)によって守られています。

レーンには一定時間ごとに一定数の小型兵士(ミニオン)たちが出撃し進軍していきます。

ミニオンは倒すことで経験値とゴールドを手に入れられる餌ともいえますが、相手のタワーを破壊し進撃していくためには味方ミニオンの力は欠かせません。

また敵陣深くにはこちらのミニオンの力を抑えている防御装置(インヒビター)があり、これを破壊することでスーパーミニオンと呼ばれる強力な小型兵士が出現。敵本拠地の攻略に大きく近づきます。

TOPレーン

サモナーズリフトの左下から左上へと繋がるレーンです。

タンク(防御型)やファイター(近接攻撃型)タイプのチャンピオンが使用されることが多く、集団戦(チームファイト)では前線を支えたり、敵の後衛に切り込み崩壊させる役割を持ちます。

MIDレーン

サモナーズリフトの中央を繋ぐレーンです。

メイジは集団戦では後衛として強力な魔法攻撃を繰り出すのが役目です。アサシンタイプはやや特殊で、孤立している敵やグループアップ前の敵を奇襲し潰し、味方チームがオブジェクトに対して圧力をかけやすくする役割を持ちます。

BOTレーン

サモナーズリフトの右下から右上へと繋がるレーンです。

このレーンにはサポート(SUP)とアタックダメージキャリー(ADC)の2人が向かいます。

ADCはマークスマン(射撃)タイプのチャンピオンで集団戦での主火力となりますが、強くなるために他のタイプより多くの資金を必要とするため、サポートタイプのチャンピオンが資金集めを手伝いつつ敵の脅威からADCを守ります。

SUPは純サポート、タンク、メイジなどのチャンピオンが努めます。役割はADCが安全に育つためのファローアップと視界の確保、集団戦でのエンゲージ(仕掛け)やディスエンゲージ(敵の仕掛けの回避)、味方全体のフォローアップと多岐にわたります。

JG(ジャングル)

唯一担当のレーンを持たず、主にジャングル内で経験値とゴールドを稼ぐ役割です。

レーンの経験値やゴールドはレーナーの数が多ければ多いほど減ってしまうため、チーム全体の経験値とゴールド量を増やすため1人はジャングル内に出現するモンスターを狩って成長します。

序盤は機を見てレーンへ行き2対1の状況を作って敵を倒し、中盤以降は重要なジャングルモンスター(ドラゴン、バロン)を取得するタイミングを作り出し、仲間とともに獲得していきます。また、敵のタワーを破壊できる場合はレーナーに加勢してタワーを破壊します。

アサシン色の強いチャンピオンは序盤から中盤にかけて敵のレーナーやジャングラーの成長を著しく阻害して役割を果たせなくさせます。タンキーなチャンピオンはレーナーをサポートしつつ、集団戦では前線を支えながら敵の行動を阻害します。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加