カリスタ(Kalista)

カリスタ

カリスタ:復讐の槍(Kalista: the Spear of Vengeance)のチャンピオン紹介です。専用アイテムによって味方1人と契約し連携するマークスマン。パッシブのステップは扱いが難しいもののうまく使えば無限に相手を追撃し続けたり、集団戦で有利な位置を取り続けることも可能です。

パッシブによりAAがキャンセル不可だったり、ASが上がるほどステップの間隔が短くなって難しくなったり、Rの使用タイミングを誤るとサポートが無駄死にするかRが無駄になるなどクセの強いスキルが多く、トロール性能抜群のため扱いには習熟が必要です。

目次

レーン戦での立ち回り

基礎ステータスが高く、ほぼ無限にダメージを増やせるEとWの割合ダメージにより序盤に圧倒的な強さを発揮します。また、パッシブのステップにより敵の方向指定、地点指定スキルを避けやすく、メレーチャンピオンの接近を許しません。

レベル6以降はアルティメットスキルにより強引なエンゲージも可能となります。そのためレーン戦では一度有利を築くと徹底的に相手を叩き潰すことが可能です。

またWの偵察魂により視界確保能力に優れ、敵ジャングラーのガンクを未然に防ぐことにも長けています。

集団戦での立ち回り

ADCとしては射程が短く、ステップのために操作が忙しくなりがちなため状況判断が難しいチャンピオンです。さらにAAはキャンセル不可のため一歩間違えばあっという間に蒸発させられてしまいます。

レーン戦である程度育つことが前提な点とRをイニシエートに使うのか仲間を助けるために使うのかの判断、そして使用タイミングは十分に見極めましょう。

また、Eは事実上無限にスタックし溜めれば溜めるほどダメージの出るスキルですが、どうしてもスロウをかけたるために使いたい場合もあります。カリスタのバーストダメージはこのスキルにかかっているため慎重かつ的確に使用しましょう。

コンボ

  • AA→Q→AA
  • AA→Q→AA→AA→AA→E
  • R→AA→Q→AA→AA→AA→E

ステップにより敵を追撃または後退しながらAAを繰り返し、限界までスタックを溜めたらEを発動します。Qはダメージ交換に使ったりAAの間に挟む形で使用しましょう。

サモナースペル

追撃にも逃げにも使えるフラッシュと自分と味方を回復しMSアップも得られるヒールを選択します。サポートがヒールを持つ場合はバリアやイグゾーストを持ちましょう。

ルーン

敵チャンピオンにダメージを与えることで攻撃速度がアップしステップ間隔を短くできる『リーサルテンポ』がメジャーです。サブルーンは移動速度と攻撃力を高めるための魔導ルーンがよく使われています。

ビルド

スタートアイテム

序盤から有利を築きたいためドランブレードスタートとなりますが、相手がカリスタよりも序盤に強いADCだったりサポート同士の強弱関係によってはドランシールドスタートで序盤は耐える場合もあります。

コアアイテム

ファーストコア完成の時点で強くアクティブによりスロウを与えられるルインドキング・ブレード、Eのスタックを同時に最大3体に付与しミニオン処理能力も高められるルナーン・ハリケーン、そして殴れば殴るほどASとADとAPが上昇するグインソー・レイジブレードが強力です。

選択肢

強力なADとライフスティール、余剰分シールドを得られるブラッドサースターや対ワンコンアサシン用のガーディアンエンジェル、CC解除用のマーキュリアル・シミター、ユニットすり抜けによりさらなる追撃力を得られるファントムダンサーなどを状況に応じて購入します。

最終ビルド

カウンターピック

得意なチャンピオン

ケイトリン、ヴァルスなど方向指定スキルを持つチャンピオンや序盤を非常に苦手とするヴェインに対し有利です。

苦手なチャンピオン

回避困難なスキルを持つレーン強者のミス・フォーチュンや、同じく回避困難なスキルを持ち素早くバーストダメージを出すこともできるザヤを苦手とします。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加