【LOL】スプリットプッシュのやり方と対策

LOL スプリットプッシュのやり方と対策

中盤以降にオブジェクトを獲得するための戦術の1つ、スプリットプッシュのやり方と対策を解説します。上手くハマれば敵を翻弄してオロオロさせ、バキバキタワーを折っていくことが可能で、プロでも使用されることがある強力な戦術です。

目次

スプリットプッシュとは

中盤以降4人がグループし、残る1人がサイドレーンをプッシュしていく戦術です。派生型として1人がTOP、1人がBOT、残る3人がグループする1:3:1スプリットが存在します。

1対1の強いチャンピオンがスプリット(分離)してレーンを押し込むことで、敵はスプリット側に2人以上を割くか、スプリットを無視して5対4を仕掛けるかの択を迫られることになります。

もちろんこちらに合わせて4人と1人に分かれた場合、1対1の強いこちらのスプリットプッシャーが敵をキルするか、徐々に敵のタワーを削っていくため相手はジリ貧になります。

やり方

中盤以降、4人がグループしてバロンやタワーに圧力をかけ、TPを持った1人がサイドレーンをプッシュしてタワーに圧力をかけます。

スプリット側に2人以上釣れたらスプリットプッシャーは下がり、残った4人が4対3を仕掛けたりレーンをプッシュしてタワーを削ります。ローテーション中の敵のキャッチを狙っても良いでしょう。

敵が全員グループして5対4を仕掛けてきた場合、逆に4人は下がりスプリットプッシャーはレーンを押してタワーをに圧力をかけます。万一4人が敵に捕まってしまった場合、スプリットプッシャーはTPで駆けつけ5対5を行います。

ただしADCが即死したなど配色濃厚の場合はTPせずにレーンを猛プッシュし、インヒビターとバロンのトレードを狙うこともあります。

たびたび「1人で試合をキャリーする方法」として紹介されていますが、スプリットプッシュは「技」ではなく「戦術」です。十分に機能するにはチーム5人全員の理解と協力が必要なことは肝に銘じておきましょう。

効果的なタイミング

最もメジャーなのはバロンを倒せる装備が整ったタイミングで、4人がバロンに圧力をかけ、1人がBOTレーンをプッシュします。

このタイミングでBOTに2人釣り、バロン前で敵をキルできればスプリットプッシャーがTPで飛びバロン周辺は5対2。相手が1人TPで飛んでも5対3のためバロン獲得が狙えます。

またこのタイミングであれば仮にスプリットプッシャーが逃げ切れなかったとしても十分な時間を稼げれば、1デスと引き換えにバロンバフを獲得できる可能性があります。

他にはバロンバフ獲得後やこちらが全レーンプッシュできている時なども有効です。その場合は距離の離れたTOPとBOTに別れると効果的です。

スプリットプッシュの対策

スプリットプッシュに向くチャンピオンは1対1が強い分、集団戦性能が低めだったり、チーム構成を崩してしまいがちです。

そのためレーンを押し切られる前に集団戦に巻き込んでしまうのが効果的な対処法です。

5対4を仕掛ける

全員でグループしている4人に集団戦を仕掛ければスプリットプッシャーはTPせざるを得なくなります。

4人は必死に逃げるでしょうが、頑張って捕まえましょう。こちらにマルファイトやサイオンなど協力なイニシエーター(開戦役)がいれば相手もかわすのは難しいでしょう。

バロンを触る

相手がスプリットプッシュしているということはこちらはバロン前で5対4が作れます。ここでバロンを殴り始めてしまえばスプリットプッシャーも飛んで来ざるを得ません。

ただしバロンの攻撃を受けすぎてしまうと5対4でも厳しくなるため、あくまで敵のスプリットプッシャーをおびき出すためにちょっと触るだけです。

ダブルTP

相手にトリンダメアやフィオラなどスプリットプッシュしてくることが見え見えのチャンピオンがいる場合、TOPとMIDの2人でTPを持つのも手です。

彼らがスプリットプッシュしてきたらTP持ちの2人で向かって倒します。バロン前は一時的に3対4になりますが時間を稼いでもらい、スプリットプッシャーを倒した後2人ともTPで飛び5対4を作ります。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加