オーブウォーキングとKite(引き撃ち)

オーブウォーキングとKite(引き撃ち)

AA(通常攻撃)をする時、棒立ちで相手を殴っていませんか?LOLではAAの合間に移動することで敵を殴れる回数を増やしたり、迫りくる敵から逃げつつ遠距離攻撃を入れることができます。メレーチャンプでも有用ですが、特にADCには必須の技術です。

オーブウォーキング

LOLのAAモーションは「構え → 攻撃 → 構えを戻す」となっており、普通にAAを入れるとチャンピオンはしばらくその場で立ち止まります。この「構えを戻す」モーション中に移動を指示するとチャンピオンはモーションをキャンセルして移動することができます。

そのためAAを入れる時は AA → 移動 → AA とすることで無駄な硬直時間をなくすことができます。要はAAのクールダウン中立ち止まっている時間は無駄なので、敵を追いかけるなり敵から逃げるなり、ランダムウォークを入れてスキル回避を狙いましょうということです。

あと1発AAを入れればキルできたのに…という経験はありませんか?オーブウォーキングをしていればそれはキルに繋がっていたかもしれません。

Kite(カイト)

敵から逃げながらAAを入れて敵にダメージを与える技術です。引き撃ち、カイティングとも呼ばれます。

主にレンジド(AAが遠距離攻撃のチャンピオン)がメレー(AAが近距離攻撃のチャンピオン)に対し、一方的に攻撃できる間合いを保ちつつ攻撃する目的で使われます。

特にAAが攻撃の主体となるADCでは必須の技術で、敵のスキルを避けつつ、捕まらない距離を保ちつつ攻撃し続けることで敵に継続的なダメージを与え続けることができます。

アタックムーブ

攻撃と移動を右クリックで繰り返しても良いのですが、誤って敵近くの地面をクリックしてしまった場合、無防備に敵に向かって歩いていってしまいます。

アタックムーブ(「A+左クリック」または「Shift+右クリック」)を使えばクリックした地点の近くに攻撃できるものがあった場合、自動的に攻撃してくれるため、誤って敵陣に突っ込むことはなくなるでしょう。

チャンピオンオンリーターゲット

上述の通りアタックムーブは「クリックした地点から最も近い敵を攻撃」するため攻撃対象を選択することができません。例えば敵ミニオンやタワーが近くにあった場合はそちらを攻撃してしまいます。

「チャンピオンオンリーターゲット」を利用すればチャンピオンのみを攻撃してくれるため、ミニオンのいるレーン戦や相手がタワーの後ろに隠れた場合でも的確に敵チャンピオンを攻撃できます。

「チャンピオンオンリーターゲット」キーはデフォルトでは設定されていません。LOLの設定画面から「ホットキー」の「チャンピオンだけをターゲットする」にキーを設定することで使用可能です。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加