アーゴット(Urgot)

アーゴット(Urgot)

アーゴット:ドレッドノート(Urgot: the Dreadnought)のチャンピオン紹介です。独特のスキルセットを持つファイター/マークスマン。1対1の殴り合いに強く、HPが一定以下の相手を問答無用で処刑する強力なアルティメットスキルが特徴的なチャンピオンです。

目次

レーン戦での立ち回り

アーゴットはレンジドチャンピオンではあるものの射程が極端に短く、タンキーファイターに近い立ち回りとなります。

相手がメレーの場合はQによるハラスでヘルス差を作りつつ、パッシブによるプッシュ性能で有利なウェーブ状況を作り出して殴り合いましょう。パッシブにより良くも悪くもレーンをプッシュしがちでガンク耐性は非常に低いため要注意です。

相手がレンジドの場合も殴り合いに持ち込めれば倒し切るのに十分なダメージとタフさを兼ね備えています。装備差の付いた状態や有利なウェーブ状況ができたタイミングで仕掛けるか、ガンクを待ちましょう。Eが背面投げのためガンク合わせは非常に得意です。

集団戦での立ち回り

射程が短くシールド持ちでタンキーなため前衛の火力要員となります。AOEかつ割合ダメージを持つパッシブがレベルで大きくスケールするため終盤の集団戦では大きなダメージが期待できます。

Rを除けばCCがQのスロウとEの単体背面投げのみのため、Rの処刑対象と処刑時に周囲に与えるFleeをどう活かせるかがカギとなります。

Rの処刑までの引き寄せ中も移動とサモナースペルの使用が可能なため、敵陣にフラッシュインしてFleeをばらまくことも可能です。

コンボ

  • Q→AA→P
  • E→AA→P
  • E→AA→W→P→Q→AA
  • Q→E→AA→W→P

サモナースペル

TOPレーン御用達のテレポートがメジャーです。特にアーゴットは1対1性能が高いため、後半スプリットプッシュの選択肢を残すためにもテレポートが良いでしょう。

ルーン

Qでスロウを与えた相手にほぼ必中となる『秘儀の彗星』がメジャーです。サブルーンは耐久力を上げられる不滅ルーンがよく使われています。

ビルド

スタートアイテム

体力とマナを回復でき、場合によってはダメージソースとしても使えるコラプトポーションがメジャーです。

コアアイテム

物理ダメージを与えることで相手の物理防御を低下させるブラッククリーバーは敵に張り付いてWで殴り続けるアーゴットと好相性です。また、AAで敵にスロウを与えることで張り付き性能を高めるフローズンマレット、接近手段として使えるライチャスグローリーがよく使われています。

選択肢

ブラッククリーバーとフローズンマレット以降は防具を積みタンキーにするのがメジャーです。相手の構成や対面に合わせて適切な防具を選択しましょう。

最終ビルド

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

得意なチャンピオン

ランブル、イラオイ、リヴェンなど接近して殴り合うタイプのチャンピオンに対して特に有利ですが、レーンに限ればほぼ全てのチャンピオンに対し有利が付きます。

苦手なチャンピオン

マオカイ、サイオンなど本格的な集団戦用タンクに対する勝率は低い傾向にあります。ただしレーンに限ればアーゴットが圧倒的に有利なためしっかりとCS差を付けましょう。

できればキルを取ってスノーボールし、スプリットプッシュで相手にグループする時間を与えなければタンクの強みを発揮させないことができます。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加