オラフ(Olaf)

オラフ:狂戦士(Olaf: the Berserker)のチャンピオン紹介です。ファームと1対1での殴り合いに優れ、Qによる継続的なスロウとMS増加による追撃力に長けたファイター/タンク。アルティメットスキル発動時のCC無効の突撃は恐怖です。

目次

レーン戦段階での立ち回り

オラフはジャングルとTOPレーンどちらの役割もこなせるチャンピオンです。

ジャングラーの場合、CCが地点指定のスロウしかないためガンクは苦手なものの、ファーム能力と1対1性能に優れるため中立モンスターを高速で狩りつつカウンタージャングルを狙います。もちろんガンクが決まりそうなら刺しましょう。

TOPレーンの場合、Qのハラスで削って殴り合えれば大抵の相手には勝てます。Qをしっかり当てること、ミニオンを巻き込むとプッシュしてしまうので押すのか、押したくないのかに合わせて投げる位置を考えることなど、とにかくQをいかに使えるかが重要です。

集団戦での立ち回り

RのCC無効を活かし敵のバックラインに突っ込みます。誰も止めれません。ブリンクスキルがないため時には後ろから入ることも必要で、Eが確定ダメージのため時には味方と共にタンクを殴った方が良い場面もあります。

また、CC無効を突撃のために使うのではなく、味方の前に立って敵のCCを吸い込むこと可能で、見た目に反して柔軟な立ち回りが求められます。

TOPレーンでピックした場合、TPを利用してのスプリットプッシュも強力です。

コンボ

  • Q→AA→E→AA
  • Q→W→AA→E→AA→AA
  • R→Q→W→AA→E→AA→AA→Q→AA

Qで敵にスロウをかけてひたすら追いかけて殴り倒します。Qの命中精度と投げた斧を拾ってクールダウンを解消しながら追いかけることを意識しましょう。

サモナースペル

or or

ジャングルの場合はスマイト、TOPレーンへ行く場合はTPがメジャーです。もう一つは汎用性の高いフラッシュがよく使われますが、単純な追撃性能だけならフラッシュを上回るゴーストも好相性です。

ルーン

エンゲージ能力とガンク性能の確保用にプレデターがメジャーです。サブルーンはさらに足の速さと攻撃力を得られる『追い風』『水走り』のある魔導ルーンがよく使われています。

ビルド

スタートアイテム

or

ジャングルの場合ですが、AA主体のチャンピオンではありますが序盤はマナも欲しいため、ハンターマチェットとハンタータリスマンどちらも使われています。

TOPレーンの場合はマナと体力回復、使用中のドットダメージが序盤は強力なコラプトポーションがメジャーです。

コアアイテム

or

ジャングラーの場合はシンダーハルクからのフルタンクビルド、TOPレーンの場合はブラッククリーバーからのオフタンクビルドがメジャーです。特にライチャスグローリーは追いかけながらダメージを出すオラフとは好相性です。

Eが確定ダメージのためADをそこまで上げなくてもダメージを出すことができ、その分防具を積むことで突撃時やCCをボディブロックする際の耐久力を高めることができます。

選択肢

武器を0~1個積んだら防具を積んで『止められない重戦車』の完成です。レーンでボロ勝ちしている場合は2つ目の武器も視野に入りますが、柔らかくなってしまっては元も子もないため慎重に判断しましょう。

最終ビルド

最終ビルドの一例です。

カウンターピック(TOPレーン)

得意なチャンピオン

レンジドチャンピオンに対し特に有利で、レイトキャリーのブラッドミアから序盤特化のジェイスまで勝つことができます。Qを当ててスロウをかければオラフの得意な殴り合いに持ち込むことができ、万一劣勢になってもある程度遠距離からCSを取ることができます。

苦手なチャンピオン

フィオラ、クレッドなど殴り合いに強くヒットアンドアウェイも可能なチャンピオンをやや苦手とします。また、トランドルには殴り勝てません。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加