イラオイ(Illaoi)

イラオイ(Illaoi)

イラオイ:海の女司祭(Illaoi: the Kraken Priestess)のチャンピオン紹介です。無数の触手と共に戦うファイター/タンクで、ダメージを出すには事前の準備が必要なものの、条件さえ整えば範囲内に恐ろしいダメージを叩き出しつつゴリゴリ回復する肉食系の女の子です。

目次

レーン戦での立ち回り

近くに触手があるかどうかで戦闘力が大きく異なります。イラオイの場合は開始と同時にレーンに走り、パッシブの触手をあらかじめ定位置に生やしておきましょう。

1対1性能が高くEによって強制的に相手にダメージトレードを迫ることができるレーン番長。触手による攻撃がAOEのためレーンをプッシュしがちですが、逃げ性能は皆無のためレーンを押すタイミングには慎重を要します。

レベル6以降はアルティメットスキルで触手を即時召喚できるようになるため1対複数を得意とします。パッシブで触手を生やしながら前進し、ミニオンをタワー下まで押し付けたらEで魂を引っ張って殴り倒し、相手をタワー下からさえ追い出してしまいましょう。

EやQが方向指定スキルかつ発生が遅く、重要スキルのEはミニオンでブロックされるため扱いには慣れが必要です。

集団戦での立ち回り

Rで大量の触手を生やすことができればAOEダメージの嵐で敵集団を壊滅させることすら可能ですが、イラオイの粘り強さは触手攻撃の回復によるもので、純粋なタンクほど固くはないため突っ込む位置やタイミングを間違えると案外あっさり溶かされてしまいます。

またTOPレーナーであるにもかかわらずイラオイ自体にCCがほとんどないため、チーム構成がよほどしっかりしていなければ敵を触手の範囲内に閉じ込め続けることは困難です。イラオイの強さは触手範囲内限定のため追撃は得意としません。

集団でのタワーシージは得意で、タワー下の敵の魂を引っ張り出して味方全員で殴ることで敵をタワー下から追い出し安全にタワーを殴ります。しびれを切らして敵から当たってくるようならRを炸裂させましょう。

理想を言えばスプリットチャンプかつ逃げ性能のないイノシシ型のため、集団戦の時間帯になる前に対面をボコボコにし、助けに来た敵ジャングラーも倒し、救援に来た敵MIDレーナーも含め1対3ですらボコボコにして突き進み続けます。

コンボ

  • E→Q→W
  • E→R→Q→W
  • F→R→E→W→Q

序盤はEをいかに当てられるかと、QやWで敵本体と魂を同時攻撃することがダメージを出す肝です。

またRでなるべくたくさんの触手を生やすことが重要です。Eで引っ張り出した魂もチャンピオン1体分に数えられるため、なるべくEを当ててから発動させましょう。

サモナースペル

TOPレーナーかつスプリットを得意とするチャンピオンのためテレポートと好相性です。

ルーン

相手と資金差を付ける『ねこばば』がメジャーです。Eで引っ張り出した魂を殴ってガチャを引きましょう。

サブルーンはクールダウンや火力を高める魔導ルーンや、Wで脅威を得られるサドンインパクトのある覇道ルーンがよく使われています。

ビルド

スタートアイテム

序盤のマナがややキツイことと6レベルまでは不利な相手も少なくないためコラプトポーションがメジャーです。

コアアイテム

機動力と火力、HPを高めるブラッククリーバーが好相性です。イラオイは基礎ADが非常に高いためステラックの篭手との相性も良好です。

選択肢

武器を1~2個積んだら防具を積んで耐久力を高めます。育ち具合によってはさらに武器を積むこともありますが、バーストダメージで落ちてしまわない程度の耐久力は必要です。

最終ビルド

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

得意なチャンピオン

ノーチラス、オーン、シェンといったタンクチャンピオンに対し特に有利です。

苦手なチャンピオン

クイン、カシオペアといったレンジドチャンピオンには触手を破壊されやすく、特にカシオペアにはブリンクスキルであるWを封じられてしまいます。

またヨリックに対しては序盤は有利なもののアルティメットスキル取得後は殴り合いに勝てなくなります。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加