エズリアル(Ezreal)

エズリアル(Ezreal)

エズリアル:光の冒険心(Ezreal: the Prodigal Explorer)のチャンピオン紹介です。超高性能ブリンクによるADCトップクラスの自衛能力と射程の長いスキル群によるハラスを得意とするマークスマン/メイジ。ADCではあるもののスキル主体のため火力不足に陥りやすく、プッシュ性能が非常に低めです。

目次

レーン戦での立ち回り

長射程、高火力、低CDのQによりノーリスクでのハラスが可能で、最序盤のレーン戦は強い部類に入ります。しっかりとQを当てて相手とヘルス差を作り、リコールさせましょう。

ファーストリコールでマナしか増えない『女神の涙』を積む関係上、その後のレーン戦は非常に苦しいです。まともな武器を積んだ相手とダメージ交換をすればまず負けてしまうため、相手の射程外からQでハラスして相手のヘルスを削り凌ぎましょう。

プッシュ力がないためレーンは押されがちになり、相手がミニオンを押し付けてタワーを殴ってきても処理が遅く、Qはミニオンを貫通しないためプレッシャーもありません。

しかしエズリアル自体DPSが出ずレイトゲームに弱いため最低でも五分五分にはしなければなりません。相手にファーストタワーを渡してしまうようなことがあればエズリアルの強い中盤の有利が薄れてしまいます。

集団戦での立ち回り

ムラマナとトリニティフォースが完成するまでに大きな差を付けられていなければエズリアルの時間です。圧倒的な射程と高火力を持つポークスキルと高いバーストダメージ、高性能ブリンクによる位置調整、逃走性能を武器に次々とタワーを折り試合展開を早めましょう。

相変わらずプッシュ力はなくタワーを折るのも遅いですが、ここで試合を決めなければDPSの出ないエズリアルはどんどん不利になっていきます。

本格的な集団戦が始まってしまってはAAで継続的なダメージを出し続けられるADCにはまず敵いません。また、DPSが低いということはバロンやドラゴンといったオブジェクトの獲得にも相当な時間がかかるため、集団戦に勝ってもオブジェクトが取れないという事態に陥りやすいです。

一応ADC枠ではありますがエズリアルはマークスマンというよりADメイジと言う方が実態に近いです。こちらのチームはADCがいないようなものなので、その点を理解した上で中盤で圧倒できるよう立ち回りましょう。

コンボ

  • E→W→Q→AA
  • AA→W→Q→AA→E
  • E→W→Q→AA→AA→R

サモナースペル

BOTレーンのため自分だけでなく味方も回復することができ、MSアップもあるヒールがメジャーです。サポートがヒールを持つ場合はバリアやイグゾーストなども選択肢に入りますが、基本的にサポートがADCのどちらか、一般的にはADCがヒールを持ちます。

ルーン

QがOn-Hit Effectsの影響を受けるため『ねこばば』が発動します。ノーリスクでハラスしつつお金を稼ぐことでエズリアルの弱いマナムネ完成までの時間帯を短くします。

サブルーンはマナと火力やクールダウンを上げられる魔導ルーンがよく使われています。

ビルド

スタートアイテム

ドランブレード、またはドランシールドでスタートします。

コアアイテム

マナと攻撃力を高めるマナムネ、Qの火力を大幅に高めるトリニティ・フォースがコアビルドです。

選択肢

ダメージよりもスロウと耐久力を優先したい場合、トリニティ・フォースの代わりにアイスボーンガントレットを積むことがあります。他にはさらにマナを増やし魔力も高めるアークエンジェルスタッフ、各種ステータスを上げつつQとAAに体力割合ダメージを付与するルインドキング・ブレードなどが選択肢です。

最終ビルド

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

得意なチャンピオン

ポークの差し合いで勝ちやすくADCの中でも脆いケイトリンや、序盤が特に弱くハラス手段を持たないヴェイン、コグ=マウなどに有利です。

苦手なチャンピオン

圧倒的なプッシュ性能を誇るシヴィアや、レーン戦で鬼のような強さを発揮するジンなどを苦手とします。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加