イブリン(Evelynn)

イブリン(Evelynn)

イブリン:苦悶の抱擁(Evelynn: Agony’s Embrace)のチャンピオン紹介です。レベル6以降半永続的にステルスになるパッシブによる強力なガンク性能を持つアサシンタイプのジャングルチャンピオン。リワークによりハードCCを手に入れ中盤のガンクがさらに凶悪になりました。

目次

レーン戦段階での立ち回り

レベル6まではステルスになれずブリンクスキルもないためガンク性能は低め。加えて1対1性能が高いわけではなく逃げスキルもないため、対面が序盤からカウンタージャングルを得意とするチャンピオンの場合は出くわさないようルートを考慮しましょう。

もっとも序盤のバーストダメージが高く、Wのチャームが強力なため当てることができればガンクは十分に決められます。

レベル6でステルスとアルティメットスキルを取得してからはイブリンの時間帯です。ステルスを利用すれば川からだけでなく、レーン上のブッシュやレーナーの真後ろからのガンクもお手の物です。ガンクを刺しまくりキルを取りまくりましょう。

イブリンは装備依存度が高くスキル威力の伸びも低いため、中盤で差をつけられなければ時間が経つにつれ勝手に腐っていきます。また敵が固まって動く集団戦も苦手なため、なんとしても中盤に大きな差を付けそのままスノーボールして試合を終わらせましょう。

集団戦での立ち回り

本格的な集団戦の時間帯に入り、敵4~5人が固まって動いている時点でイブリンの仕事は失敗しています。背後からADCを狙おうにも護衛のタンクに捕まってしまえば柔らかいイブリンは簡単にとろけてしまいます。

理想は中盤以降孤立した敵チャンピオンを倒し続けて常に人数差を作り続け、敵にグループを許さないことです。特に敵ADCを落とし続けてファームさせなければイブリンの苦手とする終盤への移行を遅らせることができます。

終盤に入り集団戦を避けられなくなった場合、アサシンであるイブリンの仕事は敵キャリーをキルすることです。Wはバレやすいうえにチャームをかけるには時間がかかりますが、少ないチャンスを見つけてものにするしかありません。

コンボ

  • W→Q→E
  • W→F→Q→E→R

サモナースペル

ジャングルチャンピオンのためサモナースペルはフラッシュとスマイトで固定です。

ルーン

バーストダメージを高めるため『電撃』がメジャーです。サブルーンはマナやクールダウン、魔力などが得られる魔導ルーンがよく使われています。

ビルド

スタートアイテム

スキル主体のチャンピオンのためマナ回復を高めるハンタータリスマンスタートとなります。

コアアイテム

ジャングルアイテムは魔力を増加させるルーンエコー、アクティブによりブリンクを得られるヘクステック・プロトベルト、Eを大きく強化できるリッチベインがメジャーです。

選択肢

キャリーを落としきれるバーストダメージは必須のため、魔力が上がるアイテムの中から状況に応じて選択します。

最終ビルド

イブリンの最終ビルドの一例です。

カウンターピック

得意なチャンピオン

グラガス、セジュアニ、アムムなど序盤のジャングリング速度が遅く、カウンタージャングルを仕掛けられる心配の少ないチャンピオンに対し有利です。

苦手なチャンピオン

シヴァーナ、ウディア、シンジャオなど序盤から1対1が強く、カウンタージャングルを得意とするチャンピオンを苦手とします。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加