ゼリ(Zeri)

ゼリのスプラッシュアート

ゼリ:ゾウンの火花(Zeri: The Spark of Zaun)のチャンピオン紹介です。AAの代わりに方向指定のQ、Qの代わりにAAという異色のチャンピオン。『FPSのエイムをLoLに落とし込むこと』をコンセプトにVALORANTの開発チームと共同で制作されたマークスマンです。

目次

どういう時にピックするチャンピオンか

  • 対面が短射程ADCかつ敵サポートがメイジではない時
  • 敵チームが射程と機動性に乏しく、キャッチ用のCCにも乏しい時

平たく言えばQとAAが入れ替わっているとも言えるゼリの特性上、ゼリのAAは非貫通の方向指定のためプッシュ負けするとレーンではできることがなくなりそのまま負けてしまいます。

また、ゼリの強みはR発動中の機動力を活かして敵との距離を保ちながら敵のスキルを掻い潜り、Qで持続的にダメージを出し続けることですが、敵ADCの射程が長いとその差で抑え込まれてしまうため集団戦でも活躍しづらいです。

その分ベタ足やブリンクスキルが1つしかない短射程かつCCがない敵には好き放題できるため、対面と敵の構成をよく見てピックしましょう。

レーン戦での立ち回り

ゼリは基礎ステータスが極めて低く、特に基礎ADは最初から最後までワーストクラス。一方でRによる上限突破を除けばAS上限も非常に低く(1.5)設定されているためファームも特別速くない。ある程度装備を揃えた中盤強いデザインとなっています。

レーンでは実質AAの代替であるQのノーコストかつ長射程を活かして有利を取ったうえで、最初の素材を買ってからが本番となります。

Eさえ使わなければ逃げ性能は全マークスマン中でもトップクラスなので、Eを使わなくてもプッシュ負けしない相手にピックすることさえ間違えなければレーンで大きくコケる心配はありません。

集団戦での立ち回り

ゼリのQ(実質AA)は方向指定のため、視界がない場所や射程ギリギリをうろついている相手に牽制射撃ができる点が強いです。

集団戦前のにらみ合いやブッシュチェック、こちらが戦いやすい場所に敵を誘導するための位置争いでも大きな戦力となることができます。

集団戦中はRを切らさずに維持できるかどうかが要です。

スキルかフルチャージのAAを相手に当てることでスタックを獲得するとともにスタックの効果時間を延長することができるため、一度Rを発動したら敵を追いかけ、スキルを掻い潜り、敵を殴り続けましょう。

コンボ

  • Q→Q→Q→Q→AA
  • W→Q→Q→E→Q→Q→Q→AA

Qで相手を殴り続けるチャンピオン。

Wのスロウと壁抜けもできるEの機動力を活かしてたくさんQを叩き込み、スタックがフルチャージになったらAAを打ち込みます。

サモナースペル

フラッシュヒール or ゴースト

デュオレーンのためヒールが一般的ですが、一度Rを発動すると殴り続ける都合上ゴーストも好相性です。

ルーン

ゼリのルーン

パッチ12.11現在はリーサルテンポが強いですが、ゼリはパッシブによりR以外の方法によるAS上限突破ができないためあまり相性が良いとは言えません。本来的にはプレスアタックか征服者を持つチャンピオンでしょう。

2段目:好きなもの。Rの性質上マルチキルを狙っていくため凱旋が最も無難です。

3段目:R使用時の爆発的なASを考えるなら迅速。そうでないなら血脈。

4段目:好きなもの。ゼリはHPも少ないので切り崩しとの相性が良い。序盤にキルを狙いやすいチャンピオンではないため最期の慈悲は微妙。

サブルーン:中盤以降Rの爆発力と機動力で相手を追撃していくため不滅ルーンの心身調整と超成長で固さを補います。

ルーンのかけら(シャード)

  • 攻撃速度
  • アダプティプフォース
  • 物理防御 or 魔法防御

スキルオーダー

  • レベル1でQ(自動取得)
  • レベル2でE
  • レベル3でW
  • レベル4以降はR>Q>E>Wの優先順位で上げる

レベル2先行してEを使ってオールインします。

ビルド

スタートアイテム

カル体力ポーション or ドランブレード体力ポーション

ルーンで切り崩しを持つならカル、そうでないならドランブレードでスタートします。

コアアイテム

エッセンスリーバー

実質AAのQにオンヒット効果が乗るのでエッセンスリーバー。

ブーツ

バーサーカーブーツ

基本的にバーサーカーブーツ。どうしても必要な場合はプレートスチールキャップやマーキュリーブーツも選択肢です。

選択肢

イモータルシールドボウクラーケンスレイヤーインフィニティエッジドミニクリガードブラッドサースターガーディアンエンジェル

ミシックでイモータルシールドボウを持つかクラーケンを持つかが最初の悩みどころ。自分しかまともに火力を出せないのならクラーケン一択ですが、味方も戦力になり自分がそこまでダメージを出せなくても問題ないならイモータルも視野に入ります。

最終ビルド

エッセンスリーバーイモータルシールドボウインフィニティエッジドミニクリガードガーディアンエンジェル

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

有利マッチアップ

カイ=ササミーラ

カイ=サやサミーラといった射程が短くプッシュ力のないチャンピオン相手には方向指定のQを打ち込みやすく、レーンの主導権を握りやすいです。

不利マッチアップ

ジンミス・フォーチュンドレイヴン

ジンやミス・フォーチュンなどのスペルキャスターにはプッシュ負けしてしまうためレーンでずっといじめられることになり、レーンの覇者であるドレイヴンにはボコられてしまうため活躍が望めません。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加