ザヤ(Xayah)

ザヤ

ザヤ:反逆の刃(Xayah: the Rebel)のチャンピオン紹介です。豊富な自衛手段を持ち、特に突っ込んでくる敵からの生存能力に長けたマークスマン。AoEが豊富なため素早くプッシュ・ファームすることができ、集団戦でダメージを出すのも得意です。

全チャンピオン中、唯一相棒のラカンとセットで実装されたチャンピオンであり、ラカンと組むことでシナジー効果が発生し、強力なボットコンビとなります。

目次

レーン戦での立ち回り

豊富なAoEによるプッシュ力と、羽を用いたゾーニングでレーンの主導権を握りやすいチャンピオンです。こちらのキルゾーンに敵を誘い込むよう立ち回り、相手にプレッシャーを与えましょう。終盤めちゃくちゃ弱いわけではありませんが、序盤・中盤寄りのチャンピオンです。

単純なAA射程はかなり短いものの、Qはかなり長く、パッシブの貫通AAと組み合わせることで一方的にハラスすることが可能です。狙えそうならEまで当てればかなりのダメージを与えることができますが、Eは貴重な自衛スキルでもあるため使い所はよく考える必要があります。

ザヤはガンクをかわしたり、対面のオールインをいなしてからの反撃には長けていますが、こちらから攻撃を仕掛けるのはあまり得意ではありません。ガンク合わせでR→Eのスネアはできますが、他のADC同様、仕掛けは基本的にサポートに任せた方が無難です。

集団戦での立ち回り

なるべく羽をたくさんばら撒き、Eの引き戻しで広範囲に大ダメージを与えることを狙います。羽を3枚以上当てればスネアを与えられますが、集団戦でザヤに求められるものはCCよりもダメージです。できる限り羽をたくさんためてからEを使いましょう。

発動時対象指定不可状態となるRにより、ADCを狙って突っ込んでくるアサシンからの生存能力はピカイチです。うまく敵の仕掛けをかわしてからの反撃で集団戦を制し、チームを勝利に導きましょう。

コンボ

  • Q→AA→E
  • W→AA→Q→E
  • Q→R→E
  • E→F(羽を引き戻す角度を変えて当てに行く)

ザヤのコンボはつまるところ、いかにしてEで3枚以上の羽を引き戻して敵をスネアさせるかがポイントです。

敵も羽の位置には当然注意を払ってくるため、早いコンボでかわさせない、フラッシュで角度を変えて当てに行く、など当てるための工夫が必要となるわけです。

サモナースペル

BOTレーンのため自分だけでなく味方も回復することができるヒールが効果的です。MSアップ効果もあと1発届かないときや、敵から逃げる時にも役立ちます。

ルーン

オールイン時や集団戦で強力なリーサルテンポがメジャーです。スキルとAAを組み合わせて戦うチャンピオンのため、レーン戦でのマナ持ちを補う冷静沈着は好相性。ライフスティールはレジェンド:血脈で補います。

サブルーンは相手にもよりますが、AAレンジが短いため血の味わいや強欲な賞金首狩りでサステインを高め、ダメージトレードに強くなれる覇道が人気です。

ルーンのかけら(シャード)

上段から

  • 攻撃速度
  • アダプティプフォース
  • 物理防御

ADCの一般的なシャードです。対面がダブルメイジのときは魔法防御を入れたり工夫の余地はあります。

ビルド

スタートアイテム

ドランブレード体力ポーション

レーンを勝ちに行くチャンピオンのため無難なのはドランブレードとポーションスタート。

ファーストコアを早めたいならロングソードとポーション3個も選択肢です。

コアアイテム

赤月の刃マナムネ

1コアでAD、脅威、オムニヴァンプ、シールドを得られる赤月の刃はパワースパイクが早めのザヤと好相性。2コア目でマナムネ(ムラマナ)を出して集団戦を制し、そのまま試合に勝利するのが理想です。

選択肢

セリルダの怨恨アクシオムアーク妖夢の霊剣

スキルにスロウ効果の付くセリルダの怨恨、脅威とスキルヘイストが手に入るアクシオムアークや妖夢の霊剣などが選択肢です。

脅威は重ねるほど強くなるため、脅威ビルドを選んだ場合はどんどん重ねていきましょう。当然ですが一度負けに傾くと脅威ビルドは弱いです。

最終ビルド

赤月の刃ムラマナセリルダの怨恨モータルリマインダーガーディアンエンジェルバーサーカーブーツ

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

得意なチャンピオン

アフェリオス、サミーラ、カイ=サといった、ダメージを出すために接近を必要とするチャンピオンに対して有利です。

苦手なチャンピオン

シヴィア、ジンなど、ザヤに近づくことなくレーンの主導権を握ることができるチャンピオンを苦手とします。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加