TOPレーンにおけるサモナーズスペルの選び方

TOPレーンにおけるサモナーズスペルの選び方

TOPレーンにおけるサモナーズスペルの選び方について解説します。オブジェクトの反対側のレーンを担当する関係上テレポートとフラッシュに固定されがちではありますが、特定のチャンピオンや構成によっては他の選択肢もないわけではありません。

よく選ばれるサモナーズスペル

基本的にはテレポートとフラッシュを持ちます。

理由としてはドラゴンやバロンなどのオブジェクトの反対側レーンを担当するので、離れた場所で大規模戦が起こりやすいためです。

TOPがテレポートを持たないとチームの誰もテレポートを持っていないことになりがちで、終盤誰かがBOTレーンのミニオンを処理しに行った瞬間にバロン前で当たられます。

また、TOPはレーンが長くミニオンを完全に押し切ることが難しいため、ファーストリコールのタイミングやデスしてしまった際にテレポートがないとミニオンロストが大きくなってしまいかねないことも理由です。

フラッシュはガンク回避、フラッシュイン&アウトなど万能スペルなので言わずもがな。

その他の選択肢

イグナイト

パンテオンはこちらを持つ方がメジャーです。

理由としては

  • レーン戦やロームで対面を圧倒しなければ後半腐りに腐ること
  • イグナイトなしではワンコンダメージが足りないこと
  • ウルトが移動スキルのためテレポートの代わりになること

が挙げられます。

他のチャンピオンで持つ場合は上述のデメリットが非常に大きいため、1人で試合を破壊し切るくらい対面をボコボコにしなければマイナスです。

ゴースト

ダリウス、トリンダメア、シンジドなどが持つことがあります。

いずれもキルを狙う際は敵を追いかける必要のあるチャンピオンで、育てば試合を壊してしまえるほどのポテンシャルを持っています。

シンジドはもともとの逃げ性能が非常に高く、相手に追いかけられることを得意とするためフラッシュを捨ててテレポートゴーストとすることもあります。

あまり使われないサモナーズスペル

ヒール、バリア、イグゾースト、クレンズ、スマイトはほとんど使われません。

TOPはタンキーなチャンピオンが多く、もともとのHP量が多いためヒールやバリアはあまり適しません。加えてソロレーンのためヒールの効果を活かしきれません。

ソロレーンのためイグゾーストをかけてもその間殴れるのは自分だけですし、ワンコンされるほど柔らかくもないためCC解除用のクレンズも合いません。そもそもTOPチャンプはCCを複数持っていることが多いため、クレンズで解除しても効果はいまいちです。

スマイトは言わずもがな。ジャングルクリープをメインに狩るわけではないため他のスペルを持ったほうが強力です。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加