TOPレーンから他レーンへの有利の広げ方

TOPレーンから他レーンへの有利の広げ方

TOPレーンは他レーンへの介入が難しいレーンではありますが、タイミングよくロームやTPガンクをできればその威力は絶大です。また直接介入しなくても間接的に他レーンを有利にすることも可能です。この記事ではTOPからの具体的な有利の広げ方を解説します。

目次

敵ジャングラーを引き付ける

最も手頃な有利の広げ方として、レーンをプッシュして敵ジャングラーをTOPレーンに引き付けることが挙げられます。もちろんガンクに刺さってはマイナスなので、ワードで視界を取り敵ジャングラーが見えたら安全な場所まで下がります。

敵ジャングラーがTOPに来る他レーンへのガンクの機会を奪っていることになりますし、ガンクに刺さらなければ敵ジャングラーの時間を無駄にできます。

さらに敵ジャングラーの位置情報を知ることができるため、MIDやBOTはレーン状況が有利なら仕掛けることができますし、味方ジャングラーはTOPレーンでのカウンターガンク、他レーンへのガンク、カウンタージャングル、場合によってはドラゴンも狙えます。

余裕があるなら敵ジャングラーがワードに映っていることを完全には悟らせず、ガンクに行けそうで行けないという状況を作り時間をさらに無駄遣いさせることもできます。

TOP側の敵ジャングルを制圧する

レーンで有利を築いたら敵はディフェンシブにタワー下でファームするようになるでしょう。

そうなればTOP側の敵ジャングルに入っていきワードを置いて視界を制圧しましょう。味方ジャングラーと共に入っていければベターです。

ジャングルクリープの狩られ具合によって敵ジャングラーの現在位置を予想できるだけでなく、敵ジャングラーの位置を発見しやすくなりチーム全体が行動しやすくなります。

さらにTOPレーナーがレーンを押し切って姿を消したということは、相手のMIDレーナーはロームを警戒しなくてはならないため積極的な行動を取りづらくなります。

MIDレーンへロームする

タイミングはシビアですがMIDレーンにロームしてガンクするという手もあります。

TOPレーナーはタンキーでCCのあるチャンピオンが多いためMIDのワンコンでは倒されづらく、MIDレーナーは柔らかいためCCを当てればそのままキルまで持っていきやすいです。

ただしMIDは最も敵ジャングラーが寄りやすいレーンのため、味方ジャングラーと一緒にガンクするか、敵ジャングラーの位置を予想し寄りが間に合わないであろうタイミングで行けるとベターです。

テレポートガンク

戦闘が始まってからの助太刀テレポートではなく、こちらから戦闘を起こすためにテレポートを使用します。

BOTレーンで味方のワードが奥に刺さったまま相手がレーンを押してきた時がチャンスです。相手がテレポートを見ても下がり切れない位置にいたり、味方のサポートがCCで足止めしてくれれば到着が間に合いそうな時に仕掛けましょう。

ただしBOTレーンはサポートがデワードアイテムを持つためチャンスが少なく、失敗した場合TOPレーンまで徒歩で戻らなくてはならないためリスクは大きめです。仮に成功したとしてもマイナスのオブジェクト交換となってしまっては元も子もありません。

できればファインプレーの領域なのでよほど自信がある時だけで良いでしょう。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加