スウェイン(Swain)

スウェインのスプラッシュアート

スウェイン:ノクサス帝国元帥(Swain: the Noxian Grand General)のチャンピオン紹介です。DPSメイジでありながら接近戦を得意とするメイジ/ファイター。対多数の戦いを非常に得意とするため主にボットレーンで活躍しています。

目次

どういう時にピックするチャンピオンか

  • 相方が序盤強く、対面の機動力がないなどスウェインを出してレーンからスノーボールできそうなとき
  • 対面に有利かつ相手に重症(回復阻害)を積みにくいチャンピオンが多いとき
スウェインの試合時間ごとの勝率

スウェインはレベル6まで弱く、Rを取ってから敵が重症(回復阻害)アイテムを揃えるまで強いチャンピオンです。

始動スキルのEは機動力の高い相手にはかわされやすく、仮に当てたとしても序盤はクールダウンが長いためそこからのロングトレードはあまり強くありません。特に相手のサポートを狙う場合は注意が必要で、序盤強めの相手が反撃してくると普通に負けます。

サポートとしてはCCの発生が安定せず機動力も低いため、レーンで育って高い耐久力と戦闘能力を得ていなければ、中盤以降視界を取りに行くたびにキャッチされて死ぬことになります。

また、チャンピオンパワーの大部分をRに依存しており、そのRもたくさん回復するほどダメージが増えるという性質上、重症(回復阻害)を付与されると一気にパワーが低下してしまいます。

そのため

  • レーン戦でボコれる相手に出す
  • スノーボールする
  • 相手チームが重症(回復阻害)アイテムを揃えるまでに試合を畳む

といった流れが必要です。

レーン戦での立ち回り

  • Eのスネアを当てる
  • パッシブで引っ張る
  • AAを入れて電撃発動
  • WやQ取得後はそれらも挟む

基本はショートトレードです。たくさんEを当てて魂を回収しつつ、相手の体力が減ってきたらキルを狙いましょう。

超長射程のWは視界を取ることができるためブッシュチェックに使えるほか、相手のリコールを妨害することもできます。せっかく削っても体力満タンで帰ってこられるとキルが狙えないため、やすやすと相手を帰らせないようにしましょう。

集団戦での立ち回り

レーンで順調にスノーボールできていれば集団戦は超強いです。Rを使って敵チームのど真ん中に突っ込んでいきましょう。

Rは付近にいる敵チャンピオンが多いほどたくさん回復するため囲まれれば囲まれるほど強いのがスウェインです。

レーンで十分に育っていれば重症(回復阻害)を付与されない限りそうそう倒されることはありません。仮に倒されてしまったとしてもある程度の時間フォーカスを受けることができればサポートとしては十分に機能しています。

メイジではありますがフロントラインを張ってこそ強いチャンピオンだということだけは覚えておきましょう。

コンボ

  • E→P→AA
  • E→W→P→AA
  • AA→E→W→P→Q→AA

コンボらしいコンボはEのスネア始動のみ。Eを当てた敵の手前にWを敷き、Eのスネアの切れ際にパッシブで引っ張ることによりWをヒットさせます。

サモナースペル

フラッシュイグナイト

相手のヒールを阻害できるイグナイトが無難です。

ルーン

スウェインのルーン

ショートトレードに強く、特に序盤のダメージに優れる電撃でスノーボールを狙います。R依存度が高いスウェインは至極の賞金首狩りとの相性も良好です。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティプフォース
  • アダプティプフォース
  • 物理防御

上段はスキルヘイストでも可。

スキルオーダー

  • レベル1でE
  • レベル2でW
  • レベル3でQ
  • レベル4以降はR>Q>W>Eの優先順位で上げる

レベル1でEを取ってダメージトレードを狙っていきます。このとき引っ張るとまずい相手もいますが、そういう相手にスウェインは出さないので割愛。

レベル2先行したらE→W→P→AAのコンボでキルを狙いましょう。ここからスノーボールするのがボットレーンの基本です。

ビルド

スタートアイテム

スペルシーフエッジ体力ポーション体力ポーション

ショートトレードを繰り返すスウェインはスペルシーフエッジとの相性が良好です。

コアアイテム

ライアンドリーの苦悶ゾーニャの砂時計ビジライトワードストーン

Rの継続ダメージと相性の良いライアンドリーの苦悶とRのダメージフィールドを展開しながら無敵になれるゾーニャの砂時計をコアアイテムとします。

サポートなので3コア目はビジライトワードストーン固定です。

選択肢

悪魔の抱擁リーライクリスタルセプターモレロノミコン

Rの継続ダメージと相性の良い悪魔の抱擁や、スキルでダメージを与えた相手にスローを付与するリーライクリスタルセプター、重症(回復阻害)付与のモレロノミコンなどが選択肢です。

最終ビルド

真なる氷のかけらライアンドリーの苦悶ゾーニャの砂時計ビジライトワードストーンモレロノミコンソーサラーシューズ

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

有利マッチアップ

レルレオナノーチラス

レルやレオナ、ノーチラスといったエンゲージ型のメレーチャンピオン相手に強く、特にレベル6以降は相手のエンゲージに合わせてRを展開して迎え撃つカウンターエンゲージが得意です。

不利マッチアップ

ジャンナラカンジリアン

ディスエンゲージの得意なジャンナにはRの効果時間中の戦闘を拒否されやすく、機動力の高いラカンはEで捕まえにくい、ジリアンにはレーン戦を拒否されやすいうえにレベル6以降は捕まえたとしても蘇生されてしまうためキルが稼ぎにくく、スウェインはこれらのチャンピオンを苦手とします。

また、ポークメイジであるゼラス、ヴェル=コズ、ラックスはレーン戦でも集団戦でもスウェインの射程外から攻撃してくるため苦手です。

※結局のところサポートはファームできないため、スウェインのようにサポート能力の低いチャンピオンはスノーボールしてキルを稼ぎまくることができない限り弱い。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加