サポートのサモナーズスペルの選び方

サポートのサモナーズスペルの選び方

サポートのサモナーズスペルの選び方について解説します。主にADCを守り育てることが役割のためサモナーズスペルは固定されがちで、ADCを守るためのイグゾーストかヒール、またはADCにキルを取らせるための補助としてイグナイトを持ちます。

よく選ばれるサモナーズスペル

フラッシュは固定でもう一つはヒール、イグゾースト、イグナイトが使われます。

ヒール

BOTはDUOレーンのため2人のヘルスを回復できるヒールと非常に相性が良く、サポートかADCのどちらかがヒールを持っていきます。発動時MSアップもあるためガンク回避にも使えます。

ただしは連続して使うと回復量が半減してしまうため2人ともがヒールを持つことはありません。

イグゾースト

2対2で殴り合う時に使用することで敵のダメージを抑え、スロウ効果によって時にはキルにつなげることもできます。

また相手ジャングラーがアサシンの場合にバーストダメージを抑えたり、ファイターの場合にADCへの接近を妨げたりとガンク回避にも有用です。

相手にカ=ジックス、マスター・イー、リヴェンなどがいる場合、イグゾーストがないとADCが無限に死ぬこともあるので要注意。

イグナイト

ADCを守ることに主眼を置いた上記2つとは異なり、レーンでキルを発生させることでADCを育てることに主眼を置いたスペルです。

序盤のレーン戦でキルが狙えそうなマッチアップの場合に有効です。ただし相手がアサシン構成の場合、レーンでADCがいくら育っても守れなければ即死するためイグゾーストの方が良いことが多いです。

味方ADCがルシアンやジンなどディフェンシブに行ってもしょうがないチャンピオンの場合はこちらでいいかもしれません。どうせタンク溶かせませんし集団戦弱いので腐ったら終わりです。

あまり使われないサモナーズスペル

ゴースト、バリア、クレンズ、テレポート、スマイトは使われません。

ゴーストでサポートだけが敵を追っていっても何もできませんし、バリアで自分を守るよりイグゾーストでADCを守った方が強いです。クレンズで自分がCC解除しても微妙ですしそもそも集団戦ではあまり狙われません。

基本グループしているのでテレポートを使う機会はほとんどなく、レーン戦でTOPにTPしようものならADCが死ぬかCSを取れなくなり、タワーも折られます。スマイトは言わずもがな。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加