BOTレーンで対面に負けてしまった時のサポートの立ち回り

BOTレーンで対面に負けてしまった時のサポートの立ち回り

BOTレーンはADCを擁するレーンのため、BOTのレーン戦が終了すると勝った側の2人は次のタワーを狙って動き、負けた側は対処しなければ次々とタワーを折られてしまいます。この記事ではレーンで負けてしまった場合のサポートの立ち回りについて解説します。

なおこの記事においては『レーンで負けた=BOTタワーが折られている』とします。

目次

BOT側にワードを置く

タワーがなくなってもADCはCSを取る必要があります。敵のMIDやジャングラーがこのタイミングを狙ってくるのは明白なので、ADCがファームできるよう自陣ジャングル内にワードを置いてあげましょう。

こうすることでADCはファームを取りながらも、敵に狙われた場合は速やかに安全地帯まで下がることができます。

余裕があればBOT側の川にワードを置いておけば敵のBOTレーナーがMIDに向かう時に映るため、ジャングラーやサポートがMIDタワーを守るために早めに動くことができます。

シージされているタワーを守る

BOTタワーを折った相手のサポートとADCはMIDに合流するか、TOPとレーンをスワップしてタワーを折りに来ます。

MIDが1対3になってしまうとタワーダイブで倒されてしまうためタワーを守ることは困難です。サポートが向かって2対3とすれば相手も強引にタワー下に入ってくることはできません。

相手がTOPとBOTでレーンをスワップした場合はこちらも同様にするのがセオリーです。レーンで負けてしまっている場合は相変わらず不利ですが、タワーが残っていればMIDやジャングラーと協力して逆転の機会を探ることができます。

TOPとSUPでTOPタワーを守るのはおすすめしません。TOP&SUP対SUP&ADCとなってしまうとタワーを守りづらく、サポートがTOPレーナーの経験値を吸ってしまうとTOPまで対面に勝てなくなってしまい、チームとしてさらに不利になってしまうためです。

ただし、相手のレーンスワップに対応するまでの一時的な応急措置としてこの構図になることはあります。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加