ソナ(Sona)

ソナのスプラッシュアート

ソナ:沈黙の弦奏師(Sona: Maven of the Strings)のチャンピオン紹介です。対2人用のハラスとシールド&回復、MSアップをばら撒く典型的なエンチャンターサポート。スケールが高く、RのAoEスタンは範囲・弾速・拘束時間いずれも優秀で集団戦でその真価を発揮します。

目次

どういう時にピックするチャンピオンか

  • ソナをピックしてもレーンで勝てるマッチアップの時
  • 味方のADCが敵よりもプッシュ・ハラス性能が高い時
  • Qでの継続的なハラスが有効な時

セラフィーンという、ほとんどソナの上位互換的なチャンプが登場してしまったため、あえてソナをピックすべき場面はかなり少なくなってしまいました。

ソナはミニオン処理能力が極めて低いにもかかわらずプッシュ負けしているとほとんどできることがなく、まともなCCはRだけで逃げスキルもないためガンク合わせも弱い。

ソナはパッシブ(アッチェレランドの方)のスタックを溜めていくことでスケーリングするチャンピオンですが、レーンでなにもできないとスタックが溜まらず満足にスケールできません。

また、CCも逃げスキルもないということはキャッチに非常に弱く、レーンで負けて視界もペースも握られている状態ではサポートとして重要な中盤以降の視界確保が満足にできず、森に入る度に倒されてしまいます。

ソナはスケールが高く集団戦で真価を発揮するチャンピオンですが、レーンで勝っていなければ機能しないことを念頭に置いて慎重にピックしましょう。

レーン戦での立ち回り

  • 敵との距離感を絶妙に保ちつつ、射程ギリギリでQを当て続ける(2人に当てられるならなお良い)
  • スタックが2溜まっていればAAQ強化AAでダメージトレード
  • レベル6までガンク合わせ用CCはEのオーラ付きパッシブAAのスロウしかない
  • レベル6からはフラッシュRで最強クラスのエンゲージ

ソナはとにかく距離感が重要なチャンピオンです。Qが押した瞬間に出るため一瞬だけ射程に入ってのハラスが強い。これを繰り返してパッシブ(パワーコードの方)のスタックを溜め、AAQ強化AAで大きく相手の体力を削ります。

相手をチクチク削り、自分たちはシールドと回復でHPを保つ。これを繰り返し続けることでパッシブ(アッチェレランド)のスタックも自動的に溜まっていき、中盤以降かなりの回転率でスキルを連発できるようスケールします。

レベル6からはようやくまともなCC(そして超強力なCC)が手に入るためエンゲージもディスエンゲージも可能になります。発生も弾速も速く、特にフラッシュを絡めたエンゲージは非常に強力。レベル6になった瞬間Rを取ってのフラッシュRはほぼ必中といっていいでしょう。

集団戦での立ち回り

集団戦では味方のバックラインと足並みを揃えてQでのハラス、Wのシールド&回復、EのMSアップをばら撒きつつ、Rの決め時を狙います。

Rは最低でも2人、できれば3人以上に当てましょう。味方の方が継続火力が高いなら敵前衛を止める形で、火力負けしていたりこちらがバースト型の構成であればフラッシュRで奥に突っ込み敵のDPSを捕らえる必要があります。

フラッシュが上がっているかどうかで効果的なRの決めやすさが大きく変わってくるため、集団戦前にはフラッシュが上がっているかどうかを必ずチェックし、もう少しで上がりそうならピンで味方に伝えましょう。

コンボ

  • AA→Q→強化AA
  • F→R→AA→Q→強化AA

パッシブのパワーコード(強化)はアタックタイマーをリセットするため、2スタック溜まった状態からAA→スキルと撃てばその後すぐに強化AAを入れることができます。

3スタック溜まりきってしまうとタイマーリセットコンボができないため、何らかの理由で戦えない場合を除き、2スタック溜まったら積極的にコンボを仕掛け消化するよう心がけましょう。

サモナースペル

フラッシュヒール or イグナイト or イグゾースト

Rはソナの存在意義の半分以上を占めるためフラッシュは必須。

ソナのような回復スキル持ちチャンプはルーンで生気付与を持つため、ヒールはソナ側が持ったほうが良いのですが、ソロキューではADCがヒールを持つのに慣れていることが多いため、その場合はイグナイトかイグゾーストを持つことになります。

ルーン

ソナのルーン

キーストーンはハラスもシールドも強いエアリー召喚。

2段目:序盤マナのキツさを補うマナフローバンド

3段目:好きなもの。

4段目:序盤のハラスをさらに強める追火 or 後半用の強まる嵐

サブルーン:オールイン対策のボーンアーマーと回復量&シールドを強める生気付与。サブルーンは色々選択肢があるので他が必要だと思ったそちらを選びましょう。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティプフォース or スキルヘイスト
  • アダプティプフォース
  • 物理防御 or 魔法防御

スキルオーダー

  • レベル1でQ
  • レベル2でW
  • レベル3でQかW
  • レベル4でE
  • レベル5以降はR>Q=W>Eの優先順位で上げる

ガンク合わせでもない限りレベル3でEは使わないし、まともなジャングラーならレベル6になっていないソナのレーンにガンクに行こうとは思わない。基本的に序盤Eを使う機会はないのでレベル3ではQかWを上げます。

レベル5以降は必要に応じてQかWを上げましょう。

ビルド

スタートアイテム

スペルシーフエッジ体力ポーション体力ポーション

スペルシーフエッジを買ってQでお金を稼ぎます。

コアアイテム

シュレリアの戦歌 or ムーンストーンの再生

ミシックはキャッチしやすく、キャッチされにくいシュレリアの戦歌か、回復効果が強いムーンストーンの再生。

ソナしかAPがいなければルーデンテンペストからAPビルドに行くことになりますが、トロールを引いた試合はドッヂした方がいいので無視。

ブーツ

アイオニアブーツ

アイオニアブーツでスキルの回転率を高めます。

選択肢

アークエンジェルスタッフケミテックピュートリファイアーフローウォータースタッフアーデントセンサーリデンプション

2コア目はアークエンジェルスタッフを積みたい。

もちろん敵が回復しまくるならケミテックピュートリファイアーですし、味方のメイジが育っているならフローウォータースタッフ、ADCが育っているならアーデントセンサーを積んだ方が良いのですが、ソナ的に積みたいのはアークエンジェルスタッフ。

最終ビルド

真なる氷のかけらムーンストーンの再生ケミテックピュートリファイアーフローウォータースタッフビジライトワードストーンアイオニアブーツ

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

有利マッチアップ

ブラウムゼラスブランド

ブラウムのようなエンゲージスキルのないメレーに強いほか、メイジサポートのハラスに対しシールドと回復で耐えきることを得意とします。

耐久アップデート後のパッチ12.11現在はレオナ、アリスター、ノーチラスといったエンゲージ系のサポートに対しても大きな有利が付いています。

不利マッチアップ

タリックブリッツクランクスレッシュ

集団戦で全員無敵にしてくるタリックのほか、ブリッツクランクやスレッシュといったキャッチが得意なチャンピオンを本来は苦手としますが、キャッチ系に対しても現在のパッチでは勝ち越しています。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加