セト(Sett)

セトのスプラッシュアート

セト:ザ・ボス(Sett: the Boss)のチャンピオン紹介です。機動力に乏しく接近が不得手なものの、戦えさえすれば高い火力と耐久力に加え2種のCCで圧倒的なキルポテンシャルを誇るジャガーノート。主にトップレーンでピックされますが、ミッド・ジャングル・サポートとしても使われます。

この記事では最もメジャーなトップセトをベースとしてチャンピオン解説します。

目次

どういう時にピックするチャンピオンか

  • 対面に有利でキルが取れそうな時
  • 序盤にトップサイドで2v2、3v3を起こしたい時

セトはチャンピオンタイプもパワースパイクもダリウスと酷似しています。

序盤から高い戦闘力・キルポテンシャルを誇り、1v1の殴り合いにおいてトップクラス、ジャングルを絡めた2v2や3v3はさらに強く、最初のカニファイトまでが最大の勝負どころといえるチャンピオンです。

一方で中盤以降のスケーリングは高くなく、敵に囲まれた時に逃げるスキルは皆無、集団戦では最前線を張るものの離脱スキルがないため、レーンで十分に育っていないとできることがなくなる点も似ています。

セトのパワースパイク

試合時間ごとの勝率はきれいな右肩下がり。とにかく序盤で相手をボコるのが目的のチャンピオンです。

レーン戦での立ち回り

レベル1からガシガシダメージトレードを行い、レベル2までに対面をキルまたはリコールに追い込む、あるいはレベル3でジャングラー込みの2v2でダブルキルを取るのが最もセトらしい。

マナなしチャンピオンかつパッシブのおかげでサステインが高いので、スキあらばいくらでもトレードをしたいし、トレードを繰り返すほど有利になっていきます。

セトはレンジ相手には好んでピックしないし、レーン戦をごまかしてファームできるスケーリング型の相手にもあまりピックしたくない。そうなると必然的にレーン戦はセトAAからダメージトレードを仕掛けやすい。

相手がトレードに応じればAAで殴り合ったうえでEで捕まえ、Wの大ダメージを叩き込んでレーン戦は終了。

相手がトレードを嫌がってセーフにプレイした場合、3分ごろには大量のミニオンをタワーに押し込むかどうかというウェーブになっているので、敵ジャングラーがのこのこやってくればレベル3対2+大量のミニオンとともに2v2。

敵ジャングラーがガンクに来なければ3:15前後のカニファイトに敵のトップレーナーは参加できません。

※敵のジャングラーがまともならセトやダリウスのいるトップサイドで3分前後にファームするルートはまず選択しません。ファイトにならないのであれば敵ジャングルに侵入したり、ミッドを襲いに行く余裕ができます。

集団戦での立ち回り

セトが破格なのは序盤のレーン戦でこれだけの強さを誇りながら、集団戦もそれなりに戦えてしまう点にあります。

  • 突っ込んでくる敵フロントをRで敵陣に返却しながら突っ込む
  • 敵のフロントラインと殴り合ってWをできるだけたくさんの敵に当てる
  • ガレンのように敵の真後ろから入ってADCにR

どう戦っても強い。

ただし結局は敵陣のど真ん中で戦うことになるため、やはりレーン戦の段階で十分に育っていなければパワーを発揮しにくくなっています。

コンボ

  • E→AA→AA
  • AA→AA→Q→AA
  • AA→AA→AA→AA→AA→AA→W→F
  • AA→AA→Q→AA→E→AA→AA→W
  • AA→AA→Q→AA→E→W→AA→AA

セトにとっての理想は

  1. まずAAで殴り合う
  2. Wのゲージが溜まる
  3. 敵が下がろうとするところをEで引き止める
  4. 殴れるだけ殴ってWを叩き込む

という流れですが、相手がセトを知っている場合これほど理想的な戦闘はさせてくれません。セト側もなんらかの工夫をして戦うことになります。

セトのスキル回しで特に覚えておくべきことは

  • W中にフラッシュができる
  • Eでスタンさせた直後にWを打てば避けられない
  • Rにはアンストッパブルが付いている

これらを駆使して戦いましょう。

サモナースペル

フラッシュテレポート

セトは序盤からガシガシ戦うチャンピオンのためテレポートが効果的です。

ダメージトレードに失敗した場合やガンクを受けた場合、テレポートであれば最小限のロスで済みますが、イグナイトだとこうはいきません。

もちろん重症(回復阻害)が欲しい場合はイグナイトを持ちますが、テレポート時よりも慎重に戦うことになります。

ルーン

セトのルーン

セトのルーンは多彩ですが、Wのシールドとパッシブにより長時間戦えるセトと最も相性が良いのは征服者です。背水の陣も低HPから粘り強く戦い続けるセトと相性が良い。

タンクやトリンダメア相手には不死者の握撃、レンジ相手にはフリートフットワークといった選択肢が取れますが、やはりレンジ相手には出したくない。

ルーンのかけら(シャード)

  • 攻撃速度
  • アダプティプフォース
  • 物理防御 or 魔法防御

最下段は対面のダメージ属性に応じて選択しましょう。

スキルオーダー

  • レベル1でE
  • レベル2でQ
  • レベル3でW
  • レベル4以降はR>Q>W>Eの優先順位で上げる

レベル1で命を賭けたファイトをするならばW。

普通は対面は序盤のセトと戦おうとは思わないため、セト側からダメージトレードを仕掛けるためにEを取ります。

ビルド

スタートアイテム

ドランブレード体力ポーション

基本的に有利な対面を殴り倒すチャンピオンなのでドランブレードを持ちます。

遠距離から一方的にハラスしてくる相手や、ショートトレードがセトより強い相手にはドランシールドの方が適切ですが、やはりそういう相手にはセトをピックしません。

コアアイテム

ストライドブレイカーステラックの篭手

基本はストライドブレイカーを買って対面をボコリ続けるチャンピオン。

2コア目でステラックの篭手を完成させて集団戦に勝利し、そのまま試合を畳むのが理想です。

ミシックはセトよりバーストダメージの高いスキルファイター相手にはゴアドリンカーを持って粘ることで殴り勝てたり、タンク相手にはルインドキングブレードを持ったりといった選択肢があります。

選択肢

タイタンハイドラデスダンスデッドマンプレートブラッククリーバーマルモティウスの胃袋

プッシュ力を高めるタイタンハイドラ、バーストダメージ対策のデスダンス、圧勝時に機動力とキャッチ力を高めるデッドマンプレート、対面がタンクだったり敵前衛が硬いときにブラッククリーバー、APダメージ対策のマルモティウスの胃袋などが選択肢です。

最終ビルド

ストライドブレイカーステラックの篭手デスダンスソーンメイルスピリットビサージュプレートスチールキャップ

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

有利マッチアップ

イレリアレネクトングウェン

イレリア、レネクトン、グウェンなど、これといったハラス手段を持たず、戦うためにはセトEの射程に入る必要があるチャンピオン相手を得意とします。

不利マッチアップ

ヴェインワーウィックケイル

レンジかつセトの仕掛けを拒否できるスキルをQとEの2つ持ち圧倒的なスケーリングを誇るヴェイン、セトより殴り合いが強くWをかわしやすいワーウィックなどを苦手とします。

ケイル相手は序盤圧倒的に有利ですが、セトではレベル6以降のケイルのファームを止められず、試合が長引けばスケーリング差で逆転されやすいです。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加