ジェイス(Jayce)

ジェイスのスプラッシュアート

ジェイス:未来への希望(Jayce: the Defender of Tomorrow)のチャンピオン紹介です。武器を変形させてレンジモードとメレーモードを切り替えられるファイター/マークスマン。射程の切り替えに加え、ポーク、ノックバック、リープなど多彩なスキルを持つ器用なトップ/ミッドレーナーです。

リー・シンやエリス同様、Rが実質ないも同然の代わりに通常スキルが6つ使えるため序盤から手数が多く、最序盤の火力はハラス・オールインともに最高クラス。その分スケーリングに欠け、スキルも対単体用ばかりのため集団戦も苦手です。

目次

レーン戦での立ち回り

ジェイスは非常にレーン戦を得意とするチャンピオンです。

全チャンピオンの中でも最高クラスの射程を持つハラススキルに加え、最序盤はオールインによるバーストダメージも最高クラス、ノックバックによりメレーとの戦闘拒否も容易とレーン戦に勝つために必要なものを全て備えています。

この序盤性能を活かしてレーンで差を付け、対面を倒したり序盤のジャングルファイトを制することで自レーン周辺を制圧するとともに、ゴールドを稼ぎQ→Eコンボを一撃大ダメージのインチキポークスキルへと成長させます。

序盤で有利を取ることを前提に調整されているためコケた場合はもちろん、これといった成果をあげられなかったジェイスはそれ以降ずっと弱く、中盤以降頼みの綱のQ→Eコンボによるポークもまるでダイヤモンド未満のエズリアルのようなダメージしか出せません。

集団戦での立ち回り

一応ポークチャンプではあるためにらみ合いの中で相手を削ることはできますが、純粋なダメージスキルのためきちんと育っていなければ脅威になりません。特に相手にタンキーなフロントが2枚いるような一般的な構成相手ではバックラインに当てるのは難しいです。

まっとうな集団戦は苦手ですが、その分レーンが圧倒的に強いため相手ジャングルの視界を制圧したうえでのキャッチや、壁越しのポークでオブジェクトに向かってくる途中の敵キャリーやサポートを帰らせて人数差を付けてのオブジェクト獲得を狙いましょう。

コンボ

  1. キャノンAA→Q→AA→AA
  2. キャノンQ→E
  3. ハンマーQ→AA→E
  4. ハンマーQ→W→AA→E→R→キャノンQ→E
  5. キャノンQ→E→相手が大きく削れていたら→R→ハンマーQ→AA→E
  1. レーン戦でのショートトレードやハラス用
  2. いつものポーク
  3. レーン戦でのショートトレード
  4. ロングトレードや柔らかい相手をバーストで倒す用
  5. ハラスからキルを狙いに行くコンボ

ジェイスはコンボの多彩なチャンピオンですが、基本的には2と3を覚えておけば問題ありません。例えば4と5のコンボは2と3のコンボを繋げただけです。

サモナースペル

フラッシュテレポート

ジェイスは序盤からコンボを多用するためマナが枯渇しやすいチャンピオンです。強引にレーンを押し切れるスキルもないためトップで出すならテレポートを持ちましょう。

レーンの短いミッドであれば対面にもよりますがイグナイトを持つことも可能です。

ルーン

ジェイスのルーン

長射程のQEハラスからの追撃手段を持つジェイスはファーストストライクとの相性が非常に良く、レーンでよりたくさんのお金を稼ぎ中盤の存在感を大きくすることができます。

サブルーンはマナを確保するために魔導のマナフローバンドが理想ですが、相手がファイターなどこちらから飛び込むのにリスクのあるチャンピオンの場合は不滅のボーンアーマーが欲しいこともあります。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティプフォース
  • アダプティプフォース
  • どれでも

最下段は序盤に戦闘が起こりそうなら対面に合わせて物理防御or魔法防御。序盤一方的にハラスするだけで、ジャングラーのガンクもなさそうなら体力ルーンでもOKです。

ビルド

スタートアイテム

ロングソード詰め替えポーション

一方的に体力差を付けるチャンピオンのため序盤の体力をあまり必要とせず、ロングソードスタートすることでコアアイテムの完成を早めることができます。

ダメージ交換になりそうならドランブレードを持ったほうが無難です。

コアアイテム

赤月の刃マナムネ

序盤型かつバーストタイプなので脅威ビルド。

1本でAD、脅威、オムニヴァンプ、シールドとジェイスに欲しいものが揃う赤月の刃、そしてムラマナに進化することでQ→Eのダメージが超強力になるマナムネをコアアイテムとします。

女神の涙は400ゴールド余ったタイミングで買ってスタックを溜めておきましょう。余らなければ赤月完成後でも問題ありません。

選択肢

妖夢の霊剣セリルダの怨恨ナイトエッジガーディアンエンジェル

脅威アイテムかつ逃走・追撃に使える妖夢の霊剣、脅威と相性の良い物理防御貫通が付くセリルダの怨恨、ほかにはナイトエッジやガーディアンエンジェルが選択肢です。

どうしても試合が長引くほどにできることが減る(1v1勝てない相手が増えたり、少数戦の機会が減る)ため早めにバロンを取って試合を畳めるようプレイしましょう。

最終ビルド

赤月の刃ムラマナ妖夢の霊剣セリルダの怨恨ガーディアンエンジェルアイオニアブーツ

最終ビルドの一例です。

ブーツはスキルの回転を早めるアイオニアブーツが最も好相性ですが、対面がAPだったり敵チームのCCが濃い場合はマーキュリーブーツ、敵にAAチャンプが多い場合はプレートスチールキャップも選択肢にあがります。

カウンターピック

有利マッチアップ

ライズヨネグウェン

射程と序盤のダメージに大きく差があるライズや、ヨネなどジェイスのハラスに対しシールドやサステインなどの回答を持ち合わせないチャンピオンに対し有利です。

グウェンはジェイスのQ→EをWで防ぐことができますがクールダウンが長く、また本来中射程を活かして戦うグウェンはさらに長い射程を持つジェイス相手は思うようにレーニングできません。

不利マッチアップ

ナサスサイオンマルファイト

サステインの高いナサスやシールドが強力なサイオン、マルファイトはジェイスのQ→Eハラスだけではあまり削れず、途中から全く敵わなくなるうえ集団戦の影響力でも負けてしまいます。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加