ジャンナ(Janna)

ジャンナのスプラッシュアート

ジャンナ:嵐の怒り(Janna: the Storm’s Fury)のチャンピオン紹介です。ピールとディスエンゲージに特化したスキル構成のエンチャンター。味方のキャリーを守ることを非常に得意とする反面、こちらからのエンゲージは苦手とするサポートチャンピオンです。

目次

レーン戦での立ち回り

豊富なディスエンゲージスキルとシールドを盾にAAとWで相手を削り、体力差を付けてリコールさせるのが狙いです。

相手が甘えればキルも狙えなくはないものの、受動的なスキルが多く、能動的に当てに行けるCCがWのスローしかないためキルポテンシャルは低め。

中盤以降の集団戦で活躍するチャンピオンのためレーン戦は無難に過ごせれば十分です。ただし、無難=消極的という意味でないことには留意しておきましょう。

ジャンナは消極的にシールドを張っているだけではあまりに役立たずです。積極的にハラスして、相手が我慢できなくなって突っ込んできたら弾き返す。それがジャンナです。

集団戦での立ち回り

集団戦ではバックラインとして味方のADCやメイジと立ち位置を合わせ、やはり突っ込んでくる敵アサシンやファイターを弾き返して味方を守ります。

Qのノックアップは向かってくる相手ほど当てやすく、自身の周囲の敵を全て範囲外にノックバックするR、Wのスローにより敵のエンゲージを拒否することが得意です。

また、EのシールドとRのヒールエリアも相まって、迂闊に突っ込んだ相手は主力スキルをかわされたうえでジャンナのヒールエリアの中で戦いを強いられることになります。

つまりジャンナにとって理想の戦い方は敵のエンゲージをいなしたうえでの反転、あるいは乱戦の中こちらのバックラインに突っ込んでくる敵を弾き、味方のADCと一緒に順ぐり倒していくことです。

もちろん視界有利を取って待ち伏せできるならQのノックアップからのキャッチも可能です。

コンボ

  • AA→W→AA
  • Q→AA→W→AA
  • AA→W→Q→AA→AA
  • F→R

こちらから能動的に仕掛けられるのはAAとWのみ。Qは前に出てくる相手を止めて反撃するために使いましょう。

フラッシュRでいわゆるインセクができますが、ジャンナ自身貧弱なため非常にリスキーです。

サモナースペル

フラッシュイグナイト

ボットレーンではやはり相手のヒールを阻害できるイグナイトが強力です。

相手のアサシンを捌ききれそうにない場合はイグゾーストも選択肢です。

ルーン

ジャンナのルーン

Wのスローによりブリンクのない相手には確実にヒットさせられる秘儀の彗星。

積極的にダメージトレードを行うチャンピオンのため追火で序盤のダメージを高め、血の味わいでサステインを高めます。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティプフォース
  • アダプティプフォース
  • 物理防御

相手がダブルメイジでもない限り最下段は物理防御です。

アッシュブランドなど相手のダメージがAD、APともに高く序盤にキルされる危険があるなら中段を魔法防御にしていきましょう。

ビルド

スタートアイテム

スペルシーフエッジ体力ポーション体力ポーション

APとマナ回復が上がるスペルシーフエッジスタートです。ハラスやダメージトレードをたくさんするジャンナとは相性がよく、早い段階でアップグレードできます。

コアアイテム

シュレリアの戦歌

エンゲージ/ディスエンゲージの補助となるシュレリアの戦歌をコアアイテムとします。

選択肢

ケミテックピュートリファイアーフローウォータースタッフアーデントセンサー

自身のスキルとシールドを張った味方の攻撃に重症(回復阻害)を付与できるケミテックピュートリファイアー、シールドを付与した味方のAPとスキルヘイストを高めるフローウォータースタッフ、シールドを付与した味方にASとAA追加ダメージを付与するアーデントセンサーなどが選択肢です。

最終ビルド

真なる氷のかけらシュレリアの戦歌ケミテックピュートリファイアービジライトワードストーンフローウォータースタッフアイオニアブーツ

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

有利マッチアップ

アリスターレオナレル

アリスター、レオナ、レルといったエンゲージ系のメレーサポートに対し有利です。

有利といってもジャンナ側がキルを取ることは難しく、ミスをした場合や相手のガンクではキルを取られてしまうためレーンキルレートは負け傾向にあります。

不利マッチアップ

ザイラソナセラフィーン

ザイラ、ソナ、セラフィーンなど遠距離からのエンゲージが可能なチャンピオンを苦手とします。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加