トランドル(Trundle)

トランドルのスプラッシュアート

トランドル:トロールキング(Trundle: the Troll King)のチャンピオン紹介です。自身への強力なバフと敵へのデバフで殴り合いを制する生粋のAAファイター。主にジャングラーとして運用されるほか、トップでも特定の相手へのカウンターとしてピックされます。

この記事では主にジャングルトランドルについて記述します。

目次

どんな時にピックするチャンピオンか

  • 敵ジャングラーがタンクの時
  • 相手にタンクや固いチャンピオンが2~3いる時

トランドルはタンクに対する明確なカウンターチャンピオンです。

相手が硬ければ硬いほどRで吸収できるHP、AR、MRが多くなるため、敵はより柔らかくなり自身はより硬くなります。また、ジャングル周回がさほど速くない点もタンク相手であれば問題になりません。

特にラムスやセジュアニ、アフターショックを持ったチャンピオンなど、一時的にAR/MRを増加させる相手には鬼のように強く、相手が硬くなったタイミングでRを撃てば自身はとてつもなく硬くなり、バフが切れた相手はAR/MRがマイナスになってしまうことさえあります。

R込みの殴り合いは驚異的なまでに強いので、AA主体のチャンピオン相手や、接近しなければダメージを出せないうえ離脱スキルがない相手に対しても効果的なピックです。

レーン戦フェイズでの立ち回り

  • フルクリアをするならプラクティスで練習しておくこと
  • Eの命中精度次第でガンクは可能だが、カウンターガンクを構えた方が強い
  • 序盤は対面に負けすぎない(アクション差を付けられすぎない)ようにする
  • 勝てる少数戦を積極的に狙っていく

ジャグリングが遅いと言われるトランドルですが最速クリアなら3:20までにカニに到着できるため、意外とそこまで遅くありません。が、まともに練習していないと3:30を過ぎてもまだ自陣ジャングルを狩り終えられず試合が終わります。

トランドルは機動力に乏しく火力と耐久が売りの典型的なジャガーノートです。CCはないわけではありませんが、相手を狙った方向にノックバックするのは難しく、壁抜けもできないためこちらからガンクを仕掛けるのは不得手です。

あらかじめカウンターガンクを構えて2v2を狙ったり、両隣のレーンが押し込んでいるタイミングでジャングルファイトを引き起こしたり、味方と共に敵ジャングルに侵入したりと、相手が引き下がりにくい状況での少数戦を狙っていきましょう。

集団戦での立ち回り

  • ぶつかり合うタイミングで一番硬い敵にR
  • 殴れる敵を殴り続ける

トランドルの集団戦での最大の仕事は、敵のタンクを一枚使い物にならなくすることです。

トランドルは攻撃手段がAAのみ、CCもEのみ、ブリンクもないためCCに弱く、大規模な集団戦は苦手とします。味方がCCを決めない限り敵を追いかけてただ歩くだけで、スロウでもばらまかれようものならそれすら難しくなります。

一応敵のタンクを一枚腐らせているだけで仕事はしているのですが、積極的に5v5を狙いたいわけではありません。中盤までに有利な少数戦を多く引き起こして試合の主導権を握り、集団戦はキャッチから開始できるようにしましょう。

コンボ

  • AA → Q → AA
  • W → E → AA → Q → AA → AA → AA

QはAAタイマーをリセットできるため、できるだけAAQと撃つようにしましょう。

ガンク時は敵の視界に映るかどうかのラインからWで加速し、Eで逃げ道を封鎖してずっとAAします。

攻撃手段がAAしかないためコンボらしいコンボはこれくらいです。

サモナースペル

フラッシュスマイト

スマイトは固定なので実質選べるサモナースペルは1つ。

ゴーストの方が強そうなのだけど、統計ではフラッシュの方が勝率が高い。おそらくQのクールダウンが短いので、殴り続けて届かなくなった相手をF→Q→AAで仕留める展開が多いせい。

ルーン

トランドルのルーン

キーストーンはガンクで敵を倒しやすくなるプレスアタック、または2v2で強いリーサルテンポ。

トランドルと足を止めて殴り合ってくれる相手はなかなかいないので、長期戦向けのリーサルを十分に機能させるには工夫が必要になります。

2段目:ほか2つがレーン向けなので、消去法で凱旋。

3段目:ファームが速くなる迅速or集団戦で動きやすさがマシになる強靭。

4段目:ガンクで敵を倒しやすいのは最期の慈悲。2v2などの少数戦や集団戦では背水の陣が強い。

サブルーン:最序盤ガンクに奔走するチャンピオンではないので靴が遅くなる代わりにタダになる魔法の靴。疾駆とのセットで中盤以降キャッチや2v2からのチェイスで相手を殴れる回数が増えます。

ルーンのかけら(シャード)

  • 攻撃速度
  • アダプティプフォース
  • 好きなもの

スキルオーダー

  • レベル1でQ
  • レベル2でW
  • レベル3でQかE
  • レベル4でEを取っていない場合はE
  • レベル4以降はR>Q>W>Eの優先順位で上げる

レベル3でガンクに行く場合はE、フルクリアならQを上げて周回速度を上げます。

ビルド

スタートアイテム

残炎のナイフ詰め替えポーション

ジャングルファイトや2v2で強い残炎のナイフ。

コアアイテム

ディバインサンダラー or トリニティフォース or フロストファイアガントレット or ルインドキングブレード

1コア目はQと相性の良いディバインサンダラー、ファームもオブジェクトも速く戦闘能力も高いトリニティフォース、集団戦での前衛としての機能を重視するならフロストファイアガントレット。

対タンク(やタンキーチャンピオン)との1v1を徹底的に重視するならルインドキングブレード。

タイタンハイドラ or ルインドキングブレード or デスダンス

初手でティアマットを買ったならタイタンハイドラにアップグレード、対タンクを意識するならルインドキングブレードは2コア目でも悪くない。

2コア目からデスダンスやフローズンハート、スピリットビサージュなどの耐久装備を積んで集団戦に備えるのも選択肢です。

ブーツ

プレートスチールキャップ or マーキュリーブーツ

魔法の靴を持つ場合、靴を初手で出せないので中盤以降の少数戦や集団戦でも機能しやすいどちらかの防御ブーツを買います。

選択肢

ソーンメイルデスダンススピリットビサージュ自然の力ランデュインオーメンガーゴイルストーンプレート

3コア目以降は集団戦に向けて防具を買っていきます。

最終ビルド

トリニティフォースマーキュリーブーツタイタンハイドラデスダンススピリットビサージュガーゴイルストーンプレート

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

有利マッチアップ

セジュアニラムスヘカリム

セジュアニやラムスなど、一時的にAR/MRを上昇させるチャンピオンに特に強いほか、ヘカリム、マスター・イー、ウディアなど直接ぶつかり合ってダメージを出すタイプのチャンピオンに対して有利です。

不利マッチアップ

ボリベアレク=サイタリヤ

ボリベアやワーウィックなど序盤の殴り合いで勝てないチャンピオンや、レク=サイ、タリヤなど序盤に何度もガンクを仕掛け試合を傾けるチャンピオンを苦手とします。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加