タリック(Taric)

タリック

タリック:ヴァロランの守護者(Taric: the Shield of Valoran)のチャンピオン紹介です。回復・シールドに加え敵の仕掛けを止めるためのスタンと、一通りの防御スキルを備えたワーデン/エンチャンター。特に集団戦でのAoE無敵が極めて強力なサポートチャンピオンです。

パッチ12.11現在、ジャングラーとしても極めて強力な地位を築いていますが、このフレックスピックが許され続けるのか不明なため、この記事ではサポートとしてのみ記述します。

目次

どんな時にピックするチャンピオンか

  • 対面がエンゲージ系サポートをピックした時
  • 敵がエンゲージ構成で、集団戦で激しいぶつかり合いが予想される時
  • 隣のADCがある程度スケールタイプでレーンで積極的に攻める必要がない場合

タリックは、レオナ・ノーチラスに代表される自身が突っ込んでエンゲージするタイプのチャンピオンに対し、CCで止めて反撃するカウンターエンゲージを極めて得意とするチャンピオンです。

敵のジャングラーがヴァイやノクターンのようなダイバーであったり、敵のトップがダリウスやセトのようなジャガーノートであれば、彼らが突っ込んできたタイミングでRのAoE無敵を展開することで、味方を守るとともに敵を窮地に陥らせることができます。

一方で射程が短くスタンの発生も遅いためこちらからのエンゲージは苦手で、特に遠距離からポークしてくるゼラスやヴェル=コズのようなチャンピオン相手には何もできません。

特定の相手や構成に対してカウンターピックしてこそ強みを発揮するチャンピオンのためピックの正確性が求められます。

レーン戦での立ち回り

  • 敵が突っ込んできたらEで止める
  • QAAで殴り返す
  • 相手が殴り合ってくるならさらにWAAQAAでずっと殴り倒す

タリックがEで自分から仕掛けることはほとんどありません。相手がミスをしない限りタリック側から仕掛けたEに当たることはありませんし、Eがクールダウンになってしまうと敵が仕掛けてきた時にカウンターできなくなってしまうためです。

レーン戦でのタリックの役割は『タリックが存在するだけで相手のエンゲージ系サポートが腐ること』。

レーンで何事も起こらず試合が進み、集団戦になったとしても結局『相手がエンゲージすればタリックに止められて手酷い反撃を受ける』という構図は変わらないため、終始有利に試合を進められます。

集団戦での立ち回り

  • 敵が複数人突っ込んできた、あるいは前線が激しくぶつかりあったらR
  • 逃げようとする敵をEで捕まえる
  • 逃げられなくなった敵前衛が消滅

集団戦でもやることは変わりません。

敵の勝ちパターンがエンゲージからのオールインしかないなら、オブジェクト周りにグループできてさえしまえばこちらの勝ちです。

コンボ

  • E→Q→AA→AA→W→AA→AA
  • R→E→Q→AA→AA→W→AA→AA

パッシブでスキルを使うごとに次の2回のAAのASが大きく上昇し、追加魔法ダメージを与えるようになります。

そのためスキル→AA2回と撃つことで最大ダメージを狙えますが、CCがスタン1つだけなので相手が殴り合ってくれない限りそれほどたくさん殴ることはできません。

サモナースペル

フラッシュヒール or イグナイト

タリック自身回復持ちのためルーンで生気付与を取ることになり、ヒールはタリック側が持ったほうが強い。しかしソロキューなので相方のADCがヒールを持つ場合はイグナイトを持ちます。

ルーン

タリックのルーン

現在強ルーンのグレイシャルオーグメント、あるいはガーディアンが選択肢です。

どちらも味方を守るのに適したルーンですし、ルーンが何であれタリックはQでもWでも味方に影響を与えることができるためサポートアイテムの発動には困りません。

2段目:こちらから仕掛けないのでヘクスフラッシュは不要。タリック自体固いのでストップウォッチも微妙。となると消去法で魔法の靴となります。靴が早めに欲しい場合はストップウォッチ。

3段目:序盤のマナのキツさを補うビスケットデリバリー。

4段目:攻撃的にレーニングしたい場合はグレイシャルと相性の良い疾駆ですが、やはり仕掛けないので宇宙の英知。

サブルーン:生命の泉と生気付与の回復セット。

ルーンのかけら(シャード)

  • スキルヘイスト
  • 好きなもの
  • 好きなもの

スキルオーダー

  • レベル1でE
  • レベル2でW
  • レベル3でQ
  • レベル4以降はR>E>W>Qの優先順位で上げる

インベードするにも待ち伏せするにも敵の仕掛けに備えるにもE。というかこれ以外は最初にとっても使い道がありません。

レベル2ではWを取って隣のADCからもEが出るようにすることで、レベル2先行アタックするにも、敵の仕掛けを止めるにもやりやすくなります。

ビルド

スタートアイテム

レリックシールド体力ポーション体力ポーション

QAAが強力なので鋼のショルダーガードでもいいのですが、QとEにAPレシオがあるのでレリックのほうが無駄がありません。

コアアイテム

ソラリのロケット or シュレリアの戦歌

ガチ当たりの集団戦に強いのはソラリのロケットですが、タリックチームに対して正面からガチ当たってくるような相手でなければシュレリアの戦歌でキャッチ合戦に備えます。

ブーツ

アイオニアブーツ or プレートスチールキャップ or マーキュリーブーツ

他の味方前衛がしっかりしていてエンチャンターっぽく立ち回るならスキル回転率を上げるアイオニアブーツ、タリック自身が前衛の主力となる必要があるならプレートスチールキャップかマーキュリーブーツ。

選択肢

冬の訪れ騎士の誓いリデンプションソーンメイルビジライトワードストーン

マナと高耐久を確保できる冬の訪れとの相性は抜群。その他は必要なサポートアイテムを積みましょう。

最終ビルド

霊峰の砦ソラリのロケットアイオニアブーツフィンブルウィンタービジライトワードストーン騎士の誓い

最終ビルドの一例です。

カウンターピック

有利マッチアップ

パンテオンレオナノーチラス

パンテオン、レオナ、ノーチラス、レル、アリスターなど、エンゲージ系サポートに対しては尽く有利です。

不利マッチアップ

ジャンナナミレナータ・グラスク

パッチ12.11のジャンナが強すぎるせいもありますが、レーンでのハラス、無敵になっても吹き飛ばすRを持つジャンナは苦手です。

他にもナミやレナータ・グラスクなど遠距離からハラスができてスケーリングの高いエンチャンターを苦手とします。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加