ADCのサモナーズスペルの選び方

ADCのサモナーズスペルの選び方

ADCのサモナーズスペルの選び方について解説します。集団戦で持続的に火力を出すいわばチームの主砲的な役割のため、レーン戦集団戦ともに最も敵から狙われやすく、自身の身を守るヒールやイグゾースト、バリアが選択肢です。

よく選ばれるサモナーズスペル

フラッシュは固定でもう一つはヒール、イグゾースト、バリアが使われます。

ヒール

ADCの定番スペルです。DUOレーンのため2人のヘルスを回復できるヒールと非常に相性が良く、サポートかADCのどちらかがヒールを持っていきます。

そのためADCがこれ以外のサモナーズスペルを持つ時はサポートがヒールを持つ場合に限ります。

ただしは連続して使うと回復量が半減してしまうため2人ともがヒールを持つことはありません。

イグゾースト

レーン戦での殴り合いやアサシンのバーストを抑えるのに有効です。

たいていはサポートが持ってくれますが、ADCはとにかく脆いためイグゾーストがない場合かなりシビアな立ち回りを要求されます。

バリア

とにかく死なないことに重点を置いた選択です。安全にファームさえできれば後半凄まじい火力を発揮するハイパーキャリー系が持つことがあります。

この場合サポートもジャンナやルルなどプロテクト系を選択することが多いため、サポートのヒールとADCのバリアがあればレーン戦、集団戦ともによほどのことがない限り死にません。

というか最大限死ににくいサモナーズスペルの組み合わせなので、これでも無理なら味方の構成に問題があるか、ADCの技術に問題があるか、そもそもチームの立ち回りや技量に問題があるかのいずれかです。

あまり使われないサモナーズスペル

ゴースト、クレンズ、イグナイト、テレポート、スマイトはあまり使われません。

ゴーストを使ってADCが単身突撃するのは危険すぎますし、クレンズはたいてい発動する頃にはすでに手遅れです。イグナイトはダメージを増やせますが、後半はADCのAA1発の方がはるかに強力なためヒールなどで死にづらくすることの方が重要です。

基本グループしているのでテレポートを使う機会はほとんどなく、レーン戦でのTPはADCにとって致命的なCSのロスが大きすぎますし、サポートだけではタワーを守れません。スマイトは言わずもがな。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加