BOTレーンで対面に負けてしまった時のADCの立ち回り

BOTレーンで対面に負けてしまった時のADCの立ち回り

BOTのレーン戦で負けてしまった場合、相手のサポートとADCは他レーンのタワーを狙って動き始めるため、こちらも相応の対処をしなければ次々とタワーを破壊されてしまいます。この記事ではレーンで負けてしまった場合のADCの立ち回りについて解説します。

なおこの記事においては『レーンで負けた=BOTタワーが折られている』とします。

目次

青トリンケットを持とう

レーン戦が終わるとサポートはジャングル内の視界確保や他レーンのカバーもあるため、ADCのすぐそばにいられないタイミングも出てきます。レーン戦が敗北に終わったのであればなおさらです。

基本的にADCの行動範囲は視界を確保してくれるはずですが、どうしても手が回らないこともあるため、ADCは射程の長いファーサイトオルタレーション(青トリンケット)に切り替えて危機を未然に防ぎましょう。

BOTレーンを押し返す

相手のサポートとADCはBOTレーンを押した後MIDにグループしてタワーに圧力をかけてきます。その場合、味方のサポートはMIDカバーに向かいますが、ADCはBOTレーンに残りウェーブを押し返しましょう。

こちらもMIDにグループして3対3の構図を作ってもレーンで負けてしまったのであれば装備差があるため不利ですし、その間BOTのミニオンを放置すれば経験値とゴールドをロストし、不利が広がる一方です。放置しすぎればBOTのセカンドタワーもダメージを受けます。

また、BOTレーンを押し返さない限り、相手のADCはBOTに戻る理由がないため延々とMIDタワーにシージし続けることになります。

BOTを押し返せば相手のADCはBOTにCSを取りに来ます。このタイミングでこちらがMIDに合流すれば人数有利が作れるため、MIDタワーにシージするなり、相手のMIDレーナーに戦いを仕掛けるチャンスです。

シージされているタワーを守る

MIDとサポートでMIDタワーが守れそうにない場合や、MIDが倒されてしまった場合はADCもMIDへ向かい、まだ生きているMIDタワーを守りましょう。目の前のファームを優先してMIDタワーを捨ててしまえば、結局その後のファームがさらに難しくなるだけです。

相手のサポートとADCがTOPレーナーとレーンをスワップ(交換)し、TOPタワーにシージしてくる場合もあります。

その場合はこちらもレーンをスワップし、サポートとADCがTOPへ向かうのがセオリーです。レーンで負けてしまっている場合は相変わらず不利ですが、タワーが残っていればMIDやジャングラーと協力して逆転の機会を探ることができます。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加