【LOL】ポーク構成とは

【LOL】ポーク構成とは

LOLにおけるチーム構成の一つ、ポーク構成(ポーク&シージ構成)について解説します。遠距離攻撃スキルを持ったチャンピオンとディスエンゲージ(戦闘拒否)を得意とするチャンピオンを組み合わせた構成で、接近手段の乏しいカウンターエンゲージ構成に対し特に効果を発揮する構成です。

目次

ポーク構成とは

遠距離攻撃スキルを持つチャンピオンとディスエンゲージ(戦闘拒否)を得意とするチャンピオンを組み合わせた構成。遠距離からの攻撃で敵のヘルスを一方的に削り、リコールに追い込んでタワーやドラゴンを獲得します。

ハラスが得意な一方殴り合いは苦手なため、相手が強引に集団戦に引きずり込もうとしてきた場合は弾き飛ばすなどして距離を取り、再び遠距離攻撃によってヘルスを削ります。

殴り合いは苦手とはいえ、集団戦開始前に相手のヘルスを十分に削れていればこちらが有利です。

ポーク構成に適しているチャンピオン

TOPレーン

ポッピー、マオカイなどディスエンゲージのできるタンク、またはジェイスなどのポークに参加できるチャンピオンが適しています。

ただしTOPにポーク用チャンプを採用した場合ディスエンゲージ役が不十分となりやすく、相手のエンゲージを回避しきるのが難しくなります。SUPの他にTOPかJGのどちらかはディエンゲージスキルを持ったチャンピオンとするのが望ましいでしょう。

ジャングル

ニダリーなどのポークチャンプ、またはグラガス、セジュアニといったディスエンゲージのできるタンクが適しています。

TOPとJGでポーク要員とディスエンゲージ要員の数調整をしましょう。SUPの他にTOPかJGのどちらかはディエンゲージスキルを持ったチャンピオンとするのが望ましいです。

MIDレーン

ポーク構成の花形。コーキ、ジグス、ラックス、ゼラスなどスキル射程の長いAPチャンピオンが適しています。

MIDをポーク要員としなければポーク要員の数的不足だけでなく、APダメージも不足するため選択の余地は限られています。

サポート

ジャンナ、ルル、ブラウムなどディスエンゲージスキルを持ったチャンピオンが適しています。

最もディスエンゲージに向いたチャンピオンが多いロールのため、ポーク構成において他の役割を担うことはありません。

ADC

ポーク構成の花形その2。ヴァルス、エズリアル、ミス・フォーチュンなどスキル射程の長いADチャンピオンが適しています。

これらのチャンピオンはマークスマンではあるものの、スキルに重きを置く分AAによって継続火力を出すのは得意ではなく、ポーク構成が殴り合いに弱い一員となっています。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加